スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酸漿(ほおずき)

酸漿(ほおずき)

お盆が近いからと
が酸漿を買ってきた

朱と緑が目に鮮やかで
季節の彩りを目で楽しむ

そういえば子供の頃
お盆になると酸漿で遊んだものだ

鮮やかな朱色の苞を
ぺりぺりと四つに裂くと
夕日のような果実がまろび出る
その果実を柔らかくなるまで揉んで
生り口からはずす

うまく揉んで柔らかくしないと
皮が破れて種が迸り出て
使えなくなるから
丁寧にやさしく注意深く
ほよほよとするまで揉み
そっと苞をはずして
中の種を抜いて空にして
丸い穴を唇に当てて
歯で軽く噛んで音を出して遊ぶ

 昔はね 遊ぶものがなくて
 こんなものしかなかったからね
 でもね 兄弟の中では
 種を抜くのは私が一番上手だったのよ

毎年お盆が来ると
集った親戚の子供たちにせがまれて
酸漿を揉んでいた
失敗することなく
いつも子供たちは
もう一個 もう一個と
が揉んだ酸漿を待った

そんなことを思い出し
自分に一つに一つ
朱色の苞を手のひらに載せる

 久しぶりに作ってみようか

昔話をしながら
二人並んで酸漿を揉む
いろいろ話していて笑ったとたん
の手の酸漿が弾けた

 もう昔みたいにはできないわねぇ

笑い話のあと少し淋しくが笑って
滴った夕日色の果汁を布巾で拭く

少し苦酸っぱい
懐かしいにおいがして
これもまたいつか
めぐる季節の中
懐かしい思い出になる

三十六度の
日差しさす居間
母と子に戻る
真夏日の午後

201208


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へいつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを
関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

■ Comment

No title

こんにちは
ご無沙汰しております

ほおずき を愛でる時季になりましたね
お母様と並んで ほおずき を揉んでいる様が見えるようです

猛暑の最中
ご自愛なさってくださね ♪

No title

こんにちは。
「夏の朝」「夏の昼」「夏の夜」そしてこの「酸漿」は去年の8月に拝見させていただきました。
一度読んだだけなのに覚えているということはよほど作品のインパクトが強かったからだと思います。
これは再掲ですよね?
たくさん作品をお持ちのようなのでもしかしてUPしたことをお忘れなのではないか?
と失礼ながら思ってしまいまして…
余計なことを申し訳ありません。
作品のUP楽しみにしています。

Re: No title

まひるさん、いつもありがとうございます。

> 「夏の朝」「夏の昼」「夏の夜」そしてこの「酸漿」は去年の8月に拝見させていただきました。
> 一度読んだだけなのに覚えているということはよほど作品のインパクトが強かったからだと思います。

いつもお越しいただいてありがとうございます。
作品のほうもお気に召してくださったようで大変
嬉しいです。ありがとうございます。

もうお盆近いので夏ネタとお盆ネタを引っ張り出
してきてみました。新規の読者さんもなかなか去
年のものまでさかのぼって読む方も居られないか
もなぁと思ってピックアップしてみましたがいか
がでしたか?

もうすぐお盆。
酸漿をもみながらご先祖様に思いを馳せる三日間。
心静かに過ごしたいですね。

日々暑いので熱中症にお気をつけられてくださいね。

Re: No title

トマトの夢3さんこんにちはー

> ほおずき を愛でる時季になりましたね
> お母様と並んで ほおずき を揉んでいる様が見えるようです

懐かしいほおずきのあの色と匂い。けっして
いい匂いではないですけど懐かしい思い出の
あるちょっと苦い匂いです。

母、またお盆になったらテンパリモードにな
っちゃうんだろうなぁと予想がつくので、お
盆の前は嵐の前の静けさの日々です。

> 猛暑の最中
> ご自愛なさってくださね ♪

トマトの夢3さんも毎日暑いですから体調お
気をつけて。

早く秋にならないかなぁ・・・(笑)

No title

今日、夕飯の食材に冷蔵庫からピーマン取り出したら、
まさにこの色になってたなぁ…(笑)
(昨日はゴーヤーが半分オレンジ色になってたし…)

Re: No title

ひゃくさんこんばんはー

> 今日、夕飯の食材に冷蔵庫からピーマン取り出したら、
> まさにこの色になってたなぁ…(笑)
> (昨日はゴーヤーが半分オレンジ色になってたし…)

赤いほうが抗酸化力とか栄養価とかが高いのよん。
お召し上がりくださいまし。

そういえばゴーヤの熟したタネの赤い部分、子供の
頃に食べたよね。あまぁいの。で、あの赤い色はリ
コピンらしいので体によさげ。

一時友達がゴーヤスムージー飲んでて、苦いけど我
慢して飲んでたたらしいんだけど、冷蔵庫に入れ忘
れたゴーヤが黄色く熟して弾けて、腹立ち紛れにそ
の黄色いゴーヤでスムージー作ったら甘みがあって
苦味が減ってたらしい(ちょっともぞもぞした感じ
はあったらしい)けど意外にいけたらしいです。

でもなんか苦そうで私はまだ未体験なんだけどね。

苦いのはいやざます。

No title

> そういえばゴーヤの熟したタネの赤い部分、子供の頃に食べたよね。

子供の頃にゴーヤーなーい(笑)

> 苦いのはいやざます。

ピーマンは、やっぱり苦みがある方がウマイなぁ…。

Re: No title

ひゃくさんこんにちはー。

> 子供の頃にゴーヤーなーい(笑)

小学生の頃、母の田舎(熊本県の山奥の村)に遊びに行った
とき、一緒に歩いてた親戚のお姉ちゃんが村の人から「にが
ごり持って行かんね」と貰ってたのを見たのが初めての出会
い。そしてその日の夕食に出たのを食べて泣いて吐き出した
初体験。最悪の出会いだったな・・・聞くところによると昔
の苦瓜は今のと比べ物にならないくらい苦かったんだとか。
文字通り苦い経験でした。

> ピーマンは、やっぱり苦みがある方がウマイなぁ…。

油で調理すると本当においしいよね。
魚焼きグリルで焼いて麺つゆと鰹節かけてもおいしいよ。
非公開コメント

プロフィール

藍音ななを

Author:藍音ななを
詩作の長いブランクを経て2006/9から書き続けています。
空と雨を何よりも愛しています。

血液の82%はコーヒーでできています。
きっと できています。

写真撮影は注釈がないものについてはすべて
撮影者:藍音ななを
撮影機:au Win W41K(携帯by京セラ)
2008/2からau Win W61CA・softbank 940SH
を通して私の目が見た世界です。

著作権は放棄していません。
無断転載/無断引用/複製は固く禁じます。

●●このブログはリンクフリーです●●
綴った詩がお気に召しましたらお気軽にリンクをお持ち帰りください。その際お知らせくだされば相互リンクも貼らせていただきます。コメントもお気軽にどうぞ。

*アダルトとスパムサイト様はご遠慮させていただきます。


ネット詩誌 MYDEAR所属
福岡県詩人会所属

2013.6.9 藍音ななを
動画:夢路

にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

現在の閲覧者数:
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。