スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての綿雪の街で

初めての綿雪の街で

君の頭越しに
綿毛のような雪が降る
初めて歩く賑やかな街の
夕方の雑踏

すれ違う人は
みな身をすくめて
早足で歩くと言うのに
雪に慣れた君は
当たり前のように堂々と歩く

人波に押され
繋いだ手が離れそうになったとき
慣れない雪に足元をすくわれ
思わず声を出しそうになった
私の背中に腕を回して
君は強く私を抱き寄せる

 九州の子だもんな
 雪道なんか歩かないっての
 見ててありありとわかるっしょ
 危なっかしくて見てられねぇ
 しょうがないな
 つかまって歩きな 

道をあるくのも一人
出かけるのも一人
飛行機も 新幹線も
いつだって一人

誰かにしがみつかなければ
歩けないなんて
私にはわからない

そう思った私が
初めて君の腕につかまって
君と歩く

まるで
柔らかい毛布を
きゅっと集めて抱きしめ
果てしなくやわらかな柔毛に
もふもふと頬をうずめるような
くすぐったい感触の
幸せな気持ちに包まれながら
綿毛の雪降る街を
君と歩く

201202

にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

関連記事

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

■ Comment

No title

雪、そっちもずいぶん降ったみたいですねー。

幸いウチの辺りは、降ってないみたい。
(隣りの街まではパラついたらしいんだけど…)

Re: No title

ひゃくさんこんばんはー。

> 雪、そっちもずいぶん降ったみたいですねー。
>
> 幸いウチの辺りは、降ってないみたい。
> (隣りの街まではパラついたらしいんだけど…)

結構降りましたよん。
ただやっぱり九州なもんですぐ溶けちゃったけど。
実家でみんなで「ホワイトお正月」とか言って笑
ってました。
寒いとなんかお正月らしい気がしますよね。
お雑煮もいつもよりおいしい気がしたりね。
非公開コメント

プロフィール

藍音ななを

Author:藍音ななを
詩作の長いブランクを経て2006/9から書き続けています。
空と雨を何よりも愛しています。

血液の82%はコーヒーでできています。
きっと できています。

写真撮影は注釈がないものについてはすべて
撮影者:藍音ななを
撮影機:au Win W41K(携帯by京セラ)
2008/2からau Win W61CA・softbank 940SH
を通して私の目が見た世界です。

著作権は放棄していません。
無断転載/無断引用/複製は固く禁じます。

●●このブログはリンクフリーです●●
綴った詩がお気に召しましたらお気軽にリンクをお持ち帰りください。その際お知らせくだされば相互リンクも貼らせていただきます。コメントもお気軽にどうぞ。

*アダルトとスパムサイト様はご遠慮させていただきます。


ネット詩誌 MYDEAR所属
福岡県詩人会所属

2013.6.9 藍音ななを
動画:夢路

にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

現在の閲覧者数:
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。