スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつか旅立つショコラ

いつか旅立つショコラ


買い物について来るなんて
珍しいこともあるねと思えば
スーパーに着いたとたん
見たいものがあるからと
君は迷わず製菓コーナーを目指す

あぁ もうそんな時期か
赤やピンクの華やかなパッケージで
花屋の店先のような一角

年に一度 冬にやってくる
恋人たちをとかす
ショコラのイベント

 今年はね
 ぜったいぜったい手作りだよ
 あげる子いるんだから
 頑張って作るの
 だから作り方教えてね

どうやら君も
恋をする年頃になったらしい
とはいえまだ
ほんの入り口のようだけど

思い起こせば自分も
この人と同じ頃
気になる男の子がいて
ドキドキしながら渡した
小さな包み

きっと
あのときの私と
気持ちは同じだね

きっと君も
これから先 毎年毎年
この時期になると
あれやこれや悩むようになるだろう

最初はまだ
ふわふわ綿菓子気分で
チョコ選びの楽しみだけど
回数を重ねるごとに
選ぶものも変わってくる

パッケージやラッピングから
トッピング フレーバー
そして最終的には
自分が乗るべき人生のレールが
まっすぐ伸びるホームで
その先に待つ人に手渡す
そのショコラ
時間をかけて選ぶ

私もそんな頃があったように
君もそうするだろう
そしてひとつひとつ
自分で決めて歩くのを
少し距離を置いて見守ろう

口や手を出すのは簡単だけど
そうしてしまえば
君の人生ではなく
私が作った型に流し込んで作った
ショコラと同じになってしまう

自分で選ばなければ
自分の人生ではないから
明らかな間違いでない限り
君の選択を信じよう

だから自分で
選択できるようになる日まで
いろんな作り方を教えよう
基本の優しいものから
難しいものまで
自由に方法が選べるように
納得できるまで
なんども 丁寧に

そしていつの日か
自分が進む行き先のホームで
口を一直線に結んで
意を決して立つ
君の手には
いつか旅立つショコラ

そしてその日の
君の姿を思いながら

 どれどれ?

真剣なまなざしの後ろから
材料をふむふむと覗き込み
 これを使うのよ
何てことを言いながら
色気のない大根やみかんが
我関せずと他人事を決め込むかごに
チョコレートの材料を放り込み
レジに並んだ

まだまだちいさな
君の背中を
飛び立つ方向に
少し優しく押した
夕方のスーパーマーケット

201201


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

お気に入りの場所




誰も来ない山の奥
小川の流れる音を辿って
音の方に歩く

水の匂いに
誘われるように

しんと静まった山の
梢の葉たちに触れて
さざめかせながら
渡る風が唄をうたう

土の匂い
水の匂い
風の匂い
静かに射す光

このまま
いつまでも
この風景のなかにいたい

お気に入りの場所



にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

→続きを読む

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

自転車

自転車

あるところに
一台の自転車がありました

スタンドが外されていて
止まってしまうと倒れてしまうという
デザインは多少変わっているけれど
機能的にはほかに何の変哲も無い
普通の自転車

自転車はある日
荷物を二つ載せて走ることになりました

ひとつは最新型の携帯端末
もうひとつは壊れて重たい旧式のラジカセ

携帯端末はまっさらで
ほんのりピンクの筐体で愛らしく
そのメモリーに日々少しずつ
記録内容を増やしては
新しい音を奏でたり
はじけるような映像を見せくれたり
未来を感じさせるもので
自転車は新しい記録が増えるのを
日々楽しみに愛でていました

いっぽうのラジカセはといえば
高性能が売りだったけれど
その機能を誰も使いこなせず
オーバースペックなままあちこち壊れ
マニアックすぎるパーツは
メーカーにも在庫が無く
代替部品で騙し騙し修理したけれど
その手ももう尽きて
今では不具合も治らなくなってしまった
過去の高性能の重たい重たいラジカセ

自転車はそれらを一個ずつ
右と左に紐で結わえて
ペダルをまわして進む

重さのアンバランスをカバーするのは
それは骨が折れるけれど
この自転車にはスタンドが無く
走ることを止めれば
たちまちバランスを崩して倒れてしまうから
とにかく前へ 前へ
自転車は風を切って走り続ける毎日

さも こともなげに
重さなんか感じない振りで
走ることが好きなのと
自分に言い聞かせながら

時折
携帯端末とラジカセが同じ曲を奏でて
楽しい気分になることもあったけれど
でもそれは四葉のクローバーのようなもので
いつも普通にあるわけではなく
それでもその時は
ペダルも軽い気がして

けれども現実の大半は
アンバランスをどうにかごまかしながら
走り続ける毎日

延々と走り続けたある日
自転車は速度を落として
自分をよくよく見つめてみた

ぺダルが車体を擦る音がする

ハンドルのゆがみに気づく

ライトの球が切れかけている

サドルのねじが1個取れている

スポークにごみが絡まっている

タイヤの空気は抜けて車体は傷だらけ

走ることに一生懸命になりすぎていて
今まで気づかなかった
壊れる寸前の自転車

このままではだめだと
荷台の紐を緩めて
小さな携帯端末をキャリーバッグににしまうと
古いラジカセは自分で荷台から滑り落ち
一瞬だけなにやら音を立てはじめ
メーカーのCMを流して
やがて鳴り止んだ

これはメーカーに返品しよう
きっと製品ミュージアムにでも
恭しく飾られることだろう

荷物も減り
自転車は身軽にはなったけれど
修理が必要なようだ
停めてよく見れば
治さなきゃならない部分があちこちにある

けれど
修理をすれば
前と同じに走る力はある
止まってしまうのはまだまだ早い
ただほんの少し
修理する間だけ休もうか
修理するついでに
こんどはスタンドもつけようかな

自転車はひとつ
安堵のため息をのこして
修理に出て行った

戻ったら
また 風を切って走るための
英気を養うために
しばしの休息

「大丈夫
まだまだ走れるわ」

どこにでもある
一台の自転車のお話

201102


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

我が家にふなっしーが(爆)

我が家にふなっしーが(爆)

毎年お正月、叔父叔母がかなり気合入れてやってる家庭菜園の
野菜をダンボールにいくつも持ってきてくれる。

冬は里芋・にんじん、葱、レタス、ブロッコリー、さつま芋そして忘
れちゃいけない大根。どれもかなりご立派でおいしくて、妹と密か
に「おっちゃんちの収穫祭」などといって楽しみにしている。

もってきてくれた野菜で新年会の時に料理を作って出すとみんな
で食べられるからそれも楽しみだったり。

で、使おうと野菜の箱を覗き込んだとき、一瞬「ヒャッハー!!」と聞こえ
たような気がして箱の中をよくよく見ると、ふなっしーがいたー(爆)
なんというみずみずしさと躍動感。見つけたときはしばらくこの大
根掴んだまま玄関で笑ってました。なんかこう、むっちりと艶めか
しいというかみずみずしいというか。

思わずみんな集まってる居間に持っていって
ヒャッハー!!
とか言っちゃうおめでたい新春のオバちゃん。
まったくもう・・・いくつだよって言うのはさておき、まぁ、新春を笑って
過ごすのはいいよねっていう事で、笑顔のおすそ分けということで。

なんでも、去年はモグラの被害が凄くて、そのせいか小石か何かの
障害物が伸びるとき当たったんだろうねということらしいです。

実はこのほかにもかなり人間らしい奴もあったりしましたが、この大
根ふなっしーが一番可愛かったということで。


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを



テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

買わずにはいられなかった


粉物、大好きなんです。
なんかもう買わずにはいられなかった(笑)

イラストもツボでした。

おいしかった。

にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを



飴色玉葱


じっくりじっくり炒めて
ゆっくりゆっくり煮込んで

おいしいカレーになぁれ


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを



ゴジラ気分


お友達からGodzilla気分になれるお土産をいただきました。

通天閣丸かじりです(笑)

下さった方
ありがとうございました。

おいしくいただきました。

にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを



春が来る

春が来る

あたたかいを待つ日
母が梅の枝を切る

いろいろな心の荷物の
重さがふと軽くなったある日
母に訪れた病を知る

年を取れば
みんな物を忘れる
いいことも よくないことも
たいせつなことも

料理の味付けが変わった日
疲れてるのよ なんて
笑い飛ばしたけれど

しばらく頻繁にカレーが続いて
その流れの中で
久しぶりにカレーにしてみたのよと
笑う母の笑顔に
どういっていいかわからなくなった

兆候はあったのかもしれない
もともと物忘れが多い人だったから
みんないつものことと
冗談交じりに

 もー お母さんまたー?

そんなふうに笑っていたけれど
あれもサインだったのかと
いまさらながら

いまはまだ
普通に生活しているけれど
また少し波が立つ予感を
静かに抱きしめながら

今年も 新しいなにかを携えて

あたたかなが来る

201102

にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを



テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

プロフィール

藍音ななを

Author:藍音ななを
詩作の長いブランクを経て2006/9から書き続けています。
空と雨を何よりも愛しています。

血液の82%はコーヒーでできています。
きっと できています。

写真撮影は注釈がないものについてはすべて
撮影者:藍音ななを
撮影機:au Win W41K(携帯by京セラ)
2008/2からau Win W61CA・softbank 940SH
を通して私の目が見た世界です。

著作権は放棄していません。
無断転載/無断引用/複製は固く禁じます。

●●このブログはリンクフリーです●●
綴った詩がお気に召しましたらお気軽にリンクをお持ち帰りください。その際お知らせくだされば相互リンクも貼らせていただきます。コメントもお気軽にどうぞ。

*アダルトとスパムサイト様はご遠慮させていただきます。


ネット詩誌 MYDEAR所属
福岡県詩人会所属

2013.6.9 藍音ななを
動画:夢路

にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

現在の閲覧者数:
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。