スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

料理

料理

料理を作ろう
私と 君にしか作れない料理

まずは材料を揃えよう

楽しかったこと うれしかったこと
サプライズ 一緒に見た風景
感謝したこと

切ってしまうなんてとんでもないから
おおきな丸ごとの形のままで
表面を丹念に洗って

悲しかったこと 苦しかったこと
辛かったことや 遠い距離
苦い涙は
薄くスライスして
できるだけ小さく刻んで
こまかく こまかく

大きな鍋にお水を張って
材料を全てそっと泳がせたら
暖かだった君の体温を
焚き物にして煮込んでいこう

窓の外は風鳴りがして
時折啼くような
飛行機のエンジン音が聞こえる

部屋の中は
くつくつと
現れては消える
うたかたのため息

煮込む部屋の中
私は本を読んで
詩を書いて
時々うたた寝して
君の夢を見る

もう 雪は降ったかしら
見損ねた雪景色を
残念に思いながら
椅子から立ち上がって
料理を仕上げにかかる

素材は最初からよかったせいか
ほろほろとやわらかく煮えていて
小さく切ったマイナス素材も
全て形なく煮とけてしまって
あったことも忘れてしまうほどに

とろり
とろとろ

いろんな想いが煮とけた煮汁の中に
仕上げのスパイスを加えよう

君の車で見た風景
コンビ二でした小さな買い物
初夏のさくらんぼ狩り
知らない街で道に迷いながら
遅くなってもちゃんと来てくれた事

香りが飛ばないように
さっと混ぜ合わせたら
器によそう

軟らかく煮えた優しい思い出たち
上からかかる
苦味や辛味がほのかに顔を出すけれど
懐かしい味の素敵なソース

クレソンの代わりに
君がくれた四葉のクローバーを
料理の脇に忘れずに添えて
もう入手できなくなった
君の「愛してる」
冷凍保存のやつだけど
あちこちに散りばめて

静かな部屋で
一人 食べる
私と 君にしか作れない料理

少し薄味だったけど
舌が探し当てる
いろんな思い出の味が引き出す
一粒 二粒
塩味のアクセント

遠くなったり 近くなったり
何度も繰り返した
私たちの距離のように
波のように濃淡を行き来して
やがて皿の上にはなにもなくなり
料理が始まる前に戻る

どんなにおいしかった料理も
いつかは冷めるだろうし
食べつくせばなくなってしまう

でも
なによりもおいしかったことは
本当だったし 忘れない
とても
すごくすごくおいしかった
ごちそうさまでした

おいしかった料理のレシピ
引き出しにそっとしまって
また 一人で歩き始めよう

そして食べ終えた私の時間は
いまはまだ
君がいたときのままだけど
いつかは
君を知る前と同じリズムに戻って
時間を刻み始める

ありがとう
さよなら
大好きだった 君

2010.1


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを
スポンサーサイト

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

まさかほんとに




あまりの暑さに冷たいおやつはないか
と冷凍庫をあけたら小さなシャーベッ
トが1個。

子もきゅにあげよう。

冷蔵庫を空けたらミニサイズの卵豆腐が
1個。

ちょっといたずら心が働いて、両方もっ
て子もきゅのところへ。まずスプーンを
「はい」っと手渡す。

子もきゅが「わーい、おやつだー」とス
プーンを受け取ったので、私がニコニコ
しながら卵豆腐を渡す。

子もきゅは一瞬目をぱちくり。

そしてぺりぺりぺりーっと上蓋をはずし
て卵豆腐にスプーンを突き立てて1さじ
ぱくり。

えぇぇぇ(笑)

「いや、こっちのシャーベットあげようと
思ったけど、笑わせようと思ってボケて卵
豆腐渡しただけだったのにー」と言うと
「えー?そうだったのー?でも卵豆腐のほ
うがいいー」だって(笑)

まさかそっちを選ぶとは思わなかった。
子供のほうが1枚上手・・・?(笑)

にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

家族

家族

大晦日 年も押し迫って
慌しく年越しの支度をする私の後ろで
父が地元の言葉で 妹に電話をかける

 おぉ お前か
 年越し蕎麦は何時頃に食いに来るとや
 あぁ そうや 今日は帰らんとか
 チビもそっちに泊まりか
 おぉ わかった
 そっちのお義母さんにもよろしゅう言うといて

電話を切って小さなため息ひとつ
首をすくませて小さく振りながら
眉を少し上げて
やれやれ しょうがないな
そんな表情を作る

嫁ぎ先の年末年始の集まりにいってしまった
自分の娘と
年末の締めに会えなかった
小さな孫の顔に残念がる
好々爺(こうこうや)の顔

昔はこの人を好きになれなくて
反発してたっけ
この人の娘に生まれたことが
憎らしくて辛くて泣いた日もあった
家にも寄り付かず
家族なんてなくても生きていける
そう思った頃もあった

けれど幾度と歳を重ねて
流れた時間が
少しづつ固くもつれた紐の瘤を
すこしずつほぐして
いろんな命が去り
そして生まれながら
赦しという櫛で梳いて整えてゆく

時の流れは時に険しいけれど
やさしく麗かな日もある
角の削れた心を
緩やかな流れが揃えて整えながら
波風はあっても
落ち着くところへ落ち着いて
それぞれが
ならではの個性の
家族の形になってゆく

妹もまた
新しい家庭を
新しい形で作っていくのだろう
毎日を大切に
ひとつずつ重ねながら

やがて数時間後には年が明け
年始の挨拶にはたくさんの顔が来る
見慣れた懐かしい顔
はじめて見る新しい顔
同じように
さまざまな経路を通って
歳を重ねた家族たち

いわゆる 「親族」

みなそれぞれ時間を経て
新しい時を過ごし
新しい家族や命に
いとおしく目を細めながら
無事を喜び合う年の初め

また新しい
それぞれの年が明ける

2010.新年


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

新年に寄せて

新年に寄せて

除夜の鐘を遠くに聞きながら
一年を振り返る

寒かったこと 暑かったこと
眩しかったこと 心地よかったこと

愛する季節たちは空の色にも似て

緊張のなか 初めて会う人たち
旧知の人 笑顔 泣き顔 驚く顔

いろんな色
それはみな愛すべき者たちで

子供がはじめて作った 不思議な料理
飛行機で飲んだコーヒー
初めて乗った助手席の煙草の煙
ありがとうしかでなかった言葉

少し涙の塩味がして

いろんな思い出を
それぞれすべて
ひとすじの繊維になるまで
細かくほぐしたら
新しい年の空気の中に
まんべんなく散らそう

きれいに混ざったらその場でしずかに
澱がすべて降りるのを待つ

百八の鐘の音でふるえながら
一年の思い出が少しずつ集まりながら重なって
日々の思いが織り成して作る
昨年という名の一枚の和紙

ひとつとして同じ色はない
感謝を編んだ紐でとじた
大切な三六五日が素材の
世界にたった1枚の和紙でできた
心の中にある一綴りの和紙帳

今年もまた一枚
新しい色が増える
「ありがとう」という紐がとおって
去年が幕を下ろし
「よろしく」と
澱ひとつない
新しい年の新しい空気で
心をいっぱいに膨らませて

今年もまた
未だ顔も知らない
周囲の人たちにも
よい年でありますように

あけましておめでとう
皆さんに心から
新しい一年が
すばらしい年でありますように

****

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします

=== 藍音ななを ===

2009.12・末~2010.新年


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

→続きを読む

テーマ : 写真にコトバをのせて
ジャンル : 写真

風邪と天気図

風邪と天気図

TVがついたまま過ごす
秋も深い夜
窓の外はまだあたたかい雨が落ちる

雨音が消えないように
ボリウムを絞ったスピーカーから
天気予報がかすかに耳に届いた

九州から順に 上がる地域
かなり終わりに近いところで
君の街の天気を告げる

「もう早々と
白い物が街に降りるかもしれません」
女性のアナウンサーが
柔らかな口調で告げ
画面には
アウトラインだけの日本地図

年輪のような
気圧等高線の幅が狭くなって
君の街の上を覆っている

私はぼんやりと
ついこの間もらったメールのことを思い出した

 少し風邪引いた
 いつも一人でいるから風邪もひくさ
 暗い部屋に帰ると寒いしなぁ
 お前も風邪ひかないようにあたたかくするように
 明日早いからもう寝るな
 おやすみ

 PS: なんで遠いんだよ。馬鹿

子供みたいな口調になるほどに
君の街は凍てはじめて
やがて君の街を
一面の白が覆う
私の街では
見ることがない風景

君の家に今度
荷物が届くよ

柔かで厚手の
白いふかふかのセーター
それは私の物だから
預かっていて

君の街をまだ
白い物が一面に覆っているあいだに
街の白さに負けない
そのセーターを着た私が
君の部屋に数日いる予定だから

間隔の狭い等高線よりも
もっとそばにいて
君の事をあたためるから
それまでどうか
もう 風邪をひかないように

まだあたたかい雨の夜
少し窓を開けて
雨の匂いを嗅ぎながら

地図ならあんなに近いのにね
一人呟いて
等高線なんて見えない
君の街に繋がるを見上げて

おやすみ
今日のメールの
最終便を送信した

2009.11


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

入学式だよー

さて、今日は「こもきゅ」の入学式です。
クラス替えの運がいつも悪いけど、今日は大丈夫かな。
仲がいい子と同じクラスになれたらいいけどな。

初めてのセーラー服の着慣れない感じがなんとも言え
ない感じ。そういやほとんどスカートはかなかったも
んね(笑)

それでは元気に
いってきますーん♪

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

昔物語<指の記憶>

昔物語<指の記憶>

幾度となく
同じ順をたどった
あの人の声に通じる数字

寒い冬
かじかむ指で
回したダイヤル

今の若い子は
知らないよね
丸いダイヤルがついた
赤い電話

テレホンカードなんて
しゃれたものはなくて
たくさんの数の十円玉を
ブザーが鳴るたびに落とす
距離が遠ければ遠いほど
十円玉の滞空時間が短くて

「好きだから」
「会いたいよ」
言うにいえなくて
無言の時間ばかり
硬貨の厚み分だけ過ぎた

最後のほうには
馬鹿みたいにあった
十円玉も底をついて
どうにももどかしくて
百円玉を落とした
憎らしい投入口

最近は
みんな高性能の携帯で
写真だって送れるし
パソコンがあれば
動画だって
リアルタイムで見られる

あのころは
便利な時代じゃなかったけれど
そのかわり指先が
今でもあの人の声に繋がる番号を
律儀に覚えてる

好きだったことが
過去になって
新しい季節が来ても
指がたどった番号は
たとえ もう今は
空にしか通じることがなくても
同じ順をたどる

「離れない」

昔 赤い受話器の向こうで
そう約束した人は
空に旅立ったと
人づてに聞いた

主のいない番号は
指の記憶の中
そっと眠った

空の向こう
そちらには
まだあの赤い公衆電話
まだ あるのかな

そしてあの人の指にも
私の声に繋がる
指の記憶は
残っているのかな

いつか
空の上でばったり出会ったら
指の記憶
見せて下さい

2009.11.20


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

→続きを読む

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

うまれたもの

うまれたもの

午前五時
前日から続いた
諸々を
シャワーで洗い流す

新しい今日が
来たことを告げる挨拶を
聞き逃さないために
電気もつけないバスルーム
まだほの暗い空間に
跳ねる水音

日々
時間は移ろう

夕闇が静かに忍んできていて
気がついたときは
すでに紙一重ほどの距離にいて
その腕に突然抱き包(くる)められ
いつの間に時が経ったのかと
はっとする

そんな日が増えたのと同じ数だけ
月や星と別れを告げる
思いが深まって
滞在時間も伸びがちになり
夜が明けるのがずいぶん遅くなった

体の表面を覆う熱気も
鳴りを潜め
はひやりとした
涼しい空気が
この世界に満ちる

濡れた髪を雑に拭いながら
まだ誰も起きてこない台所(キッチン)で
やかんに水を入れて
カタリと音を立てて
青い火を点してお湯を沸かし
温かいコーヒーを一杯

まだ動かないひやりとした空気が
コーヒーの湯気で動き出し
香ばしい香りのちいさなつむじ風をおこす

機械で冷やさずとも
涼やかな
汗ばむこともなく
飲む温かい飲み物

「おいしい」

香ばしい安堵のため息と一緒に
唇からこぼれた言葉

今 このとき
私の秋はうまれた

2009.11.19


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

→続きを読む

テーマ : 写真にコトバをのせて
ジャンル : 写真

フレンチトースト


今、急ピッチで家のお片付けづけ中。
中学生にもなるし、いろいろ区切りも付けたいしね。
掃除や片付けは苦手だし嫌いだけど、こういう時
にばばっとやらないとねぇ、他の時やんないもんで(笑)

で、他のときやらないぶん始めちゃうと引っ越し
荷物レベルで片付けが始まります。

こもきゅには迷惑かな?

でも家の中がすっきりしてきて「なんかこの家いい
感じになってきた」って言ってるからまぁいいよね。

つか、一杯そこここにあるもの、7割方君のもんなんだ
けど……(笑)

で、頑張ってるこもきゅにご褒美でフレンチトー
ストを焼いたら大喜び。外はサクサク中はとろふわ
です♪

さっ、食べたらまた続きがんばろ(^-^)ノ


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

エイプリルフール

エイプリルフール

誰にも嘘をつかないまま
毎年気がつけば終わってる

冗談でも
嘘をつくのはニガテ



にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

盂蘭盆会

盂蘭盆会_

丘の上
街を一望に見下ろす
が近い墓地


焼けるような
真夏の風が
少し 吹き止まって


私は 歩みをとめて
を見上げる


やがて動き出した風が
汗ばんだ肌を撫でて通り過ぎ
わずかに火照りを冷ましながら
季節の移ろいを告げる


桔梗 刈萱 女郎花
華やかではないけれど
季節と言う一冊の本の
章がかわるページの栞


静かな花々と
少し苦い酸漿の香り
まだ若い林檎や梨
桃や葡萄の香り


うすい薫香で編んだ
レースが包み
心だけになった
愛するものたちに手渡す


久しぶりに会う
縁故の人たち
心だけになった大切な過去の人と
肉体を持ってうまれてきた
新しい命
同じ間で時を過ごす
年に一度の懐かしい時間


思い出話を薄く縁取る涙は
悲しみではなく
思い出に寄り添う
いとおしさや切なさ


過ぎる季節が
すれ違うときに見せる
愁いを帯びた横顔に
少し 切なさを増して


遠く 読経が聞こえる夕暮れ
赤とんぼが
すぃ と
新しい季節の
涼しい一陣の風に乗った


2009.11

にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

→続きを読む

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

プロフィール

藍音ななを

Author:藍音ななを
詩作の長いブランクを経て2006/9から書き続けています。
空と雨を何よりも愛しています。

血液の82%はコーヒーでできています。
きっと できています。

写真撮影は注釈がないものについてはすべて
撮影者:藍音ななを
撮影機:au Win W41K(携帯by京セラ)
2008/2からau Win W61CA・softbank 940SH
を通して私の目が見た世界です。

著作権は放棄していません。
無断転載/無断引用/複製は固く禁じます。

●●このブログはリンクフリーです●●
綴った詩がお気に召しましたらお気軽にリンクをお持ち帰りください。その際お知らせくだされば相互リンクも貼らせていただきます。コメントもお気軽にどうぞ。

*アダルトとスパムサイト様はご遠慮させていただきます。


ネット詩誌 MYDEAR所属
福岡県詩人会所属

2013.6.9 藍音ななを
動画:夢路

にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

現在の閲覧者数:
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。