スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

叫び

叫び

何かが終わるとき
句読点の代わりに
悲鳴を上げる

秋の夕暮れの
紅い狂ったような叫び

花火の
火花を散らしながらの叫び

軽い かるい
ただ一枚の
薄っぺらな紙だって
破れる時は
大きな断末魔の悲鳴

増してや人ならば
なおさらのこと

悲鳴と一緒に
豪雨のような涙を連れて
離れる意味を問いながら
心も引き裂かれて
悲鳴を上げる

ひとつの命が消える
永遠の別離

あぁ だけど
また縁があるのならば
新しい命になって

力強い叫びのような
産声を上げながら
いずれうまれてくる

その叫び
無の世界に記すエンドマーク

有の世界へと
踏み出す
力強い叫び

2009.09.06


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを
スポンサーサイト

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

春が来るよ



梅の蕾が
少し早い春をお知らせしますo(^-^)o

おでん食べるよー

おでーん

「ななをちゃーん、今日はおでんにするよー」

お昼過ぎに妹から電話がかかりました。
餃子やおでん、カレー、固焼きそば、クリスマスや誕生日。
そんな日はいつも実家で両親と妹家族とうちの家族でわいわい言
いながらみんなで作って晩御飯です。

最近は買い出し係が妹、切るのは私、作るのは私だったり妹だっ
たり母だったり時には妹の旦那だったり。今日はもうすでに材料
は買ってあったので切ったり下茹でしたりして、ぽんぽんぽーんと
材料を大なべに入れていきます。

この写真の大なべね、姪っ子が向こうに写ってるから遠近感で大
きく見えると思うでしょ?でも実はこの姪っ子が入れるくらい大きな
なんですよ。ぱっと見具財が小さく見えますが、が大きいん
です(笑)

大きなおを囲んでみんなで笑いながらの夕食はおいしいですね。
おいしすぎてこの大きなおの半分以上がなくなります。残った分
は明日のお昼温めて、みんなでおにぎり食べながらおでんの残り
を食べるんですよ。これもまた楽しみなんです。

おでんの具材って地域で違うらしいですけど、皆さんのお宅はどん
な物が入ります?ちなみにうちでは大根・こんにゃく・すじ・たまご・
里芋・練り物いろいろ・厚揚げ・はんぺん・餅巾着ですね。ちなみに
はんぺんはニューフェイスです。ごく最近入るようになりました。

ちくわぶは何度かトライしてみたもののどうもおいしいと思えず、以来
我が家では見ることがありません。でも、食べ物として成立してるっ
て事はおいしい食べ方があるわけで、うーん、調理法が悪かったの
かなぁ(といってもおでんなんでおだしで煮込むだけではあるんです
が……)

なににせよおでんおいしかった。
ごちそうさまでした。


にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

怖いものは怖いのよっ

歯医者さん

この世界で「行くのだぁ~~い好き」って言う人がいたらぜ
ひ、話を聞いてみたいです。

どこって、それは歯医者さん。

子供の頃、最初に行った歯医者さんが物凄くトラウマで。
昔は口腔衛生とかに対して物凄くおおらかでした。
いや、違うな。おおらかというよりあまり重要視されてい
なかったというか、「乳歯はいずれ抜けて生え変わるから
そんなに目くじら立てて歯の管理しなくても」という感じで
見られていたようで、今みたいに小さい頃からしっかり歯
磨きして歯の管理をしているご家庭はそんなに多くなか
ったような。

で、虫歯になって歯医者に行くわけなんですけど、昔の病
院ですから今時みたいに患者さんの恐怖心を少しでも取る
なんてこともなく、白とグレーの病院の待合室で、ほんの少
し丁子油の匂いがするはじめての病院で、壁のポスターを
見ながら順番を待ってる訳です。

祖母が中に入ったら椅子みたいなベッドみたいなのに座っ
て、その椅子が倒れたらじっとして口をあけていたらいいか
ら、などと話すのを聞きながら初めてのシチュエーションにか
なりドキドキしている幼稚園だか小学生だかの私。

しばらくすると名前を呼ばれて診察室に。

歯科衛生士さんが「そこの椅子に靴を脱いで座って下さい
ね」というので言われたまま診察台に座って待っていると、
白衣を着て大きなマスクをつけた歯科医師が登場。祖母が
中に呼ばれどういう状態か聞かれて説明をして「外でお待
ちください」と言われて出て行くと、医師が椅子を少し後ろ
に倒して「じゃあ口を大きくあけてね」と言う。

昔の歯医者さんの椅子って、少し後ろにリクライニングはし
たけど今みたいにベッドみたいに横になる状態にはたしか
ならなかったですよね?座った状態で頭の部分だけ後ろ
に倒れてたような気がするんですけど何せ子供の頃です
からうろ覚え。で、何が始まるか分からずに開けていた私
の口に先が細い鈎のようになった金属の棒を差し込みな
がらライトを当て、顔を近づける歯科医。そしておもむろに
「ここ痛い?」まさに痛いその部分にジャストミートする器
具。そしてもんどり打つ体と止まらない涙と噴出す汗と押
し寄せる恐怖心。その後のことは全く覚えてません。覚
えているのは連れて出された待合室で「この子供は治
療にならん。痛いから来てるんだろう!我慢して治療し
ないと痛いのは治らないだろう!」怒る医師に謝る祖母。
そして「我慢すれば痛くなくなるんだから少し我慢しよう、
ね?」そう言ってなだめすかす祖母の言葉にも返事もで
きないくらい痛さと怖さで泣き止まない私。確かその日
はそれだけで帰ったような記憶。

以来歯医者さんというと恐怖心でゾクッとするほど怖い
んです。痛いし怖いし怒られるし。

ある程度物がわかってからはそれでも治療に通いまし
たが、悪くなったりしても恐怖心でなかなか行き出せず
に我慢して伸ばし伸ばしにしたり、治療を放置したり、
たまたま行った歯医者さんで治療中に「あ、やべ」と言
われて何が起こったかわからない恐怖とか、健康な歯
を何の説明もなくガリガリ削られたりということがあった
り……ほんと、歯医者さんとは縁が遠かったというか巡
り合せもよくなかったというか……。

で、そんな私がなんで今頃歯医者さんの話を描いてい
るかと思えば、今行っている歯医者さんがあまりにも昔
の歯医者さんと違っているのでびっくりしたり感心した
りしたからなんです。

今行っている歯医者さんは、最初は子供がかかってた
んですよ。小児科の横の歯医者さんなので、小児科の
ついでにも通えたので便利でもあったし、小さい子供さ
んにもちゃんと説明をしたり、治療中も子供が退屈しな
いようにDVDをかけてくれたりと、恐怖心を減らす配慮
もしてくれているのを見て「あ、ここだったらいいかも」
と思って。

そして実際に治療していただいて思ったのは
「子供の頃、こんな歯医者さんにかかってたら今みたい
な口の中金属だらけのサイボーグみたいにならずにすん
だのかもなぁ」ということ。

確かに30年も40年も昔の医療技術に比べたら器具も技
術もずいぶん変わって、いいものにはなってるんでしょう
けど、それにもまして患者の立場に立ってきちんと話しを
してくださるのが不安の解消になるのをちゃんとわかっ
ておられるのがありがたいなと思いますね。そしてあの重
々しい威圧感がないので安心したり。

不安も治療の痛さもずいぶん軽減されて、おかげで今の
歯医者さんはきちんと通えています。やっといい歯医者さ
んに巡り会えました。

がんばって治療に通うのだ。うん。

にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

真夜中に

真夜中に

真夜中に
考え事をしながら
石を選んで繋いでで行く

アメジストは真実の愛や円満な家庭
ローズクオーツは癒しの愛
ミルキークオーツは旅の守りと幸運

花に花言葉があるように
石にも意味やいわれがある

意味や言葉を
つなげていく
呪文のように
詩のように

着けてくれる人の
幸せを祈りながら
夜明けの音に包まれる
パソコンの前の
簡易工房


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

今日のおやすみなさいの曲20140120

空を眺めて
油山に登って市内を一望

久しぶりですね、このシチュエーション。
ユーチューブのURL整理してたんですけど、気付いたら
KUMAMIさんの曲ばっかりずっと聴いてました。

なのでもしよろしければおすそ分けでー。
クリックしたら始まります。

KUMAMI「優しい背中」
KUMAMI「あなたのうた」
KUMAMI「キンモクセイ」

それではおやすみなさいー。


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

寒風の中で

寒風のなかで

寒い冬の夕暮れ
日陰の窓の外に大きなバラが1輪
静かに開こうとしていた

誰に見られるわけでもなく
誰に褒められるわけでもなく

吹きすさぶ
冷たい風の中で
静かに自分の命を
全うしようとしている

こんな日陰に植えやがって
ちゃんとした園芸家に育てられたかった
誰かのせいで自分は不遇だ
誰かのせいで自分は恵まれなかった

そんなことは一言も言わず
自分の命に従って
自分が咲くべき時を選んで
自分の花を咲かせる

どんな悪地であろうとも
文句一つも言わず
ただ黙って
きっぱりと
空を見上げて
自分だけの
花を咲かせる

何も話さない植物に
いろいろと
教えられる毎日


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

毎日寒いですね

ひだまり
会議室の陽だまりで佇んでいたキイロイトリちゃん

毎日寒いですね。
アメリカ並みの大寒波が来るよって結構脅された私で
したが、そこまで大寒波でもなくほっと一安心。
とは言え雪がたくさん降った地域もおありのようで、大
変だった地方の方にはお見舞い申し上げます。

新学期も始まって学校に出向く機会がまたうなぎのぼ
りの今日この頃。お気に入りのグッズがこのキイロイト
リちゃんなんです。

これ、ペットボトルカバーなんですよ。

ペットボトルからはずして置いておいたら、ぱっと見お行
儀悪く脱ぎ捨てた子供の靴下みたいなんですけど、これ
をペットボトルにはかせておくだけで、幾分保温や保冷
もできるんすけど、なにが一番いいって、水滴がたれな
いところですね。あとで飲もうとおもって自販機で買った
ペットボトルをカバンに入れておいたら水滴でΣ( ̄口 ̄*)
ってなること、ありますよね。これをはかせておけば水滴
の心配がないんです。いままではタオルハンカチで巻い
てゴムでとめてたんですけど、気がついたら子供の寝姿
みたいにしどけなくはだけてしまってたりしたんですが、
これだとそういうこともなくとっても快適。

しかもかわいいキイロイトリちゃんなので、持ってたらテン
ション上がっちゃいます。黄色いので金運も上がりそうな
気分で。あ、いや、あくまでも気分だけですけど(笑)

3学期も忙しくなりそうで、キイロイトリちゃんにいっぱい
お世話になりそうです。

がんばるじょ。


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

私が居る場所

私が居る場所

ふと気づけば
あと十日もたたないうちに
新しい年が来てしまう

駆け足で過ぎ去る師走のあとで
慌しく明ける毎年の正月
毎年毎年似た様な風景だけれど
少しずつ変化がある

子供たちは
だんだんと成長し
大人たちは
歩みが遅くなり
記憶の落し物が増えていく

年明けに集まる顔は
ほぼ同じ顔ぶれではあるけれど
今まで小さかった者から見おろされて
成長に驚いたり
いつのまにか
顔に眼鏡が乗っていたり
気づけば
頭に白いものが混じるようになったり

お互い年取ったわねぇ
お年賀の食事の支度や給仕に
くるくると動きながら
笑ってつつき合う
暖かい湯気に満ちた
昆布や椎茸の匂いがする
正月の台所

それぞれ
時間の経過と共に
日々の生活があって
泣いたり笑ったりしながら
過ごした一年がある

どうかまた一年
この顔ぶれが元気で
無事にここに顔を見せてくれますように

きっと
祖母や母も
正月の台所に立ちながら
同じ思いだったのだろう

大げさな祈りや
願い事はないけれど
そっと心の中で
みんなの幸せを
呟くように祈る
煮炊きする匂いがする
あたたかな
この場所

一年の始まりと終わりを
過ごして迎える
私が居る場所

にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを


→続きを読む

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

雪解け

雪解け

秋を通り越して
寒い冬をじっと耐えて
季節はを連れて 春

小さく身を縮めて
雪解けを待つ
根雪残る心

あたたかい手にふれたのは
もう何ヶ月ぶりだろう

遠い遠い距離
縮まる術はなく
会うたびに
自分の心の中に
一期一会と言い聞かせながら

それでもやっと会えた
君の両手が
私の頬を包む

それだけで
瞬く間に
根雪は姿形を変え

世界で一番小さな
名もない川の源流が
君の掌に
音もなく辿り着いた

移りゆく
新しい季節の中で

2009.07.14


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

ことしもよろしく

今年もよろしく

去年のあなたは
いろんなものを見せてくれた

眩しい光
夕日の蜂蜜色
さまざまな青
毎日違う雲の表情
荒々しい雷
ビルの谷間でまたたく星

そしてあなたは
いろんなものを与えてくれる

雨の歌
落ちてくる雪
暖かな光
星達の声
月の温度
季節で変わる風の匂い

数え切れないたくさんの宝物は
心の中に飾ってある

新しい年の
はじめての日
もうすでに一つもらった
大切な宝物

なくさないように
大事に大事に鍵をかけて
携帯の中に閉じ込める

今年のあなたは
何を見せてくれる?
私はを見あげて
小さな声で
問うてみた

はただだまって
いつものままの


ことしも
よろしく



2007.01.01


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : 写真にコトバをのせて
ジャンル : 写真

旅立ちは 晴れ

旅立ちは 晴れ

通り過ぎた
花の前線を追いかけて
を飛ぼう

から満開の花を飛び越え
五部咲きの花を目指す

少し息詰まる離陸のG(圧力)は
季節を飛び越える圧縮された気を
くぐり抜ける時間の悲鳴

急な角度で踏み切る
高飛びの陸上選手のように
地面に張り付いた街を離れる
硬い鉄の翼

立ちは 晴れ

どんなにどしゃ降りでも
行く先を見据えて
大地を蹴って踏み出せば
雲の上は
何一つ混じるもののない青

雲を抜けたら
飛行機雲の軌跡
大きくに描きながら
私もの一部になる

冠雪した峰を見下ろして
ただただ青い海を飛び越えて
降り立った場所は
季節を巻き戻した
初春の花咲く場所

港の到着ロビーを
通り過ぎれば

ほら

私が住む街から
通り過ぎた季節が
色に街を染め
両手を広げて
私を抱きとめる
青い空で繋がった場所

はじめて踏み出す
見知らぬ街の 春

2009.07.12


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

→続きを読む

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

西の空


買い物からの帰り、ふと見上げればこんな雲。

佐賀長崎方面揺れなきゃいいけど。

大騒ぎ




お年玉も乱れ飛んで
子供達は大興奮(笑)

いとこも甥っ子も姪っ子
もおじおばもじじばばも
みんな集まって年に一度のお楽しみ

お年玉袋の扇が眩しいじぇ(笑)

新春の来客


あけましておめでとう

元気に集まったたくさんの顔。
さぁ、これからみんなの食事作りです。

頑張るじょ。
プロフィール

藍音ななを

Author:藍音ななを
詩作の長いブランクを経て2006/9から書き続けています。
空と雨を何よりも愛しています。

血液の82%はコーヒーでできています。
きっと できています。

写真撮影は注釈がないものについてはすべて
撮影者:藍音ななを
撮影機:au Win W41K(携帯by京セラ)
2008/2からau Win W61CA・softbank 940SH
を通して私の目が見た世界です。

著作権は放棄していません。
無断転載/無断引用/複製は固く禁じます。

●●このブログはリンクフリーです●●
綴った詩がお気に召しましたらお気軽にリンクをお持ち帰りください。その際お知らせくだされば相互リンクも貼らせていただきます。コメントもお気軽にどうぞ。

*アダルトとスパムサイト様はご遠慮させていただきます。


ネット詩誌 MYDEAR所属
福岡県詩人会所属

2013.6.9 藍音ななを
動画:夢路

にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

現在の閲覧者数:
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。