スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯が とれた

「はい、キャラメルあげる」

咳が出る私を気遣って子供が何かで喉を潤したらいいかも、
と差し出したキャラメル。貰ってもぐもぐ。

ここで察しのいい方はすでにお気づきですね。

何気なく噛んでしまって、交合した歯を上下に開いた時
「サリッ」
なんか変な感触がして、なんとなくさっき噛み合せたと
ころを舌で触ったら、昔治療した犬歯の後ろの冠がキャ
ラメルに刺さってました。

あぁぁぁぁぁん、もぉぉぉ。

痛みはないとはいえ、放置しておくのもなんなので、い
つもの歯医者さんに電話してみたら予約でいっぱい。や
っと取れたのが来週の火曜日の午後。時間空いちゃうな
ぁ。でもまぁ仕方がないか。一応「その間放置してても大
丈夫なんですか?」と聞けば「とりあえず一番近くであ
いてるのは火曜日なので……」とのこと。

まぁ、外れるてことはもうどのみちあかんくなっていた
んだろうと思い、そのまま火曜日を待ちます。

とりあえず今日は柔らかいものでも食べていようかな。
昨日の残りでうどんすきか何か食べよう。お野菜もいっ
ぱい食べられるしお鍋が一番かな。

にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを
スポンサーサイト

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

雨<愛するものが降りてくる音によせて>

雨<愛するものが降りてくる音によせて>

静かな夜 水の匂い漂って
いつしか窓の外は

季節ごとに
変わる雨音


やっとほどけた気に
背伸びを始める緑のうえ
柔かさを確かめながら
安堵するように着地する音
やわらかくはたはたと


熱気に膨らんだ地上に
力を全て抜いて落下する大粒
熱で際限なくゆるんだ気に
音の輪郭滲んで
ばたばたと
時にぼつぼつと


生きる力あふれる深い緑から
命を終える葉の身支度の彩り
やがて落ちる枯葉をたたき
になった命の上に落ちる音
はつはつと


ぴしりと凍てた
なにもかもが寒さに身構え
心さえ開かぬほどに
かたく張り詰めた世界の上
無常を嘆くように落ちて来る音
ちたちたと
時にはちはちと

あぁ そして
冬にはもう一つ
悲しみも辛さもかくすように
世界を白く覆う冷たくも優しい綿毛
いつかとける約束の
雪が散る音
はさりはさりと

季節ごとに流れる気で
音こそ違うけれど
どのも大好きで
どのも愛しい

植物が甘を浴びて
命を萌やすように
私の心も
雨音を聴き
雨を浴びて生きる

植物のように
を見上げて
大きく背伸びをして
空に恋しながら

2009.04.10


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : 写真にコトバをのせて
ジャンル : 写真

君がいる

君がいる

真夜中の一人の部屋
画面に向かって
キーを叩くその向こうに
君がいる

触れることが出来ない
遠い距離の向こうにいる
映像の君が私と話す

遠いけど近く
近いけど遠い

「会えないけど
笑う顔が見たいから
声だけじゃ見えない
あなたの笑顔が見たいから」

君からもらったツールを
訳が分からないまま接続して
ああだこうだと携帯で話しながら
設定をするパソコンの画面

何度つなげてみてもうまく行かなくて
放り出しそうになりながら
やっと見ることが出来た
久しぶりの君の姿

少し痩せたかな
髭が伸びてる
髪形も変わったな
プレゼントしたネックレスも
ちゃんと着けてくれてる

君だけが会いたいわけじゃない
私だってやっぱり
声だけよりも見える君が嬉しい

だけど今 画面に映る私は
毎日 日付けが変わる頃に
やっと終わる仕事や
土日も休むことのない仕事に疲れて
くたくたに見えてるんじゃないかな

そんなことを気にしながら
それでも君に会いたくて
オンラインで君を呼ぶ

時折 笑い転げたり
拗ねてふくれたり
真剣になって涙ぐんだりする
画面の中の私を見つめて

抱きしめたい

君は言うけど
どんなにレンズに近づいても
君に触れることは無く
フレームからはみ出すばかり

これが私たちを隔てる
距離と言う名の越えられないものの正体で
今は変えられない事実

嘆いても
これが真実

だけど前よりも君に近づけたから
今日の終わりに必ず伝えよう
君から そして私から
心の奥があたたかくなる
愛してる」という言葉を

今日も距離を隔てた画面の向こう
煙草の煙と一緒に

私の笑顔を待つ 世界に一人の
君がいる

2009.03.20


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : 写真にコトバをのせて
ジャンル : 写真

魔法使い

魔法使い

細い細い冬枯れの小枝が
空の血管のように広がる季節
恋人たちのイベントが
また 巡ってくる

ショコラの香りとハートの包み紙
白い吐息がふわりと包む
聖職者の名前がついた日



そう ずっとずっと昔
女の子の間でおまじないが流行った

人が寝静まった夜中
自分の肌であたためたりんごを一つ
好きな人のことを思い浮かべ
鏡の前でじっと見つめて呪文を唱える

こうなりたいと思う花言葉の
花の名前を三つ
そしてそのあとに「apple got」

三度唱えたら
誰にも名前を呼ばれたり
姿を見られたりしないうちに
そのりんごを一つ食べて
口元をそっと拭ったのち
鏡に最高の笑顔を見せる

成功すれば
花言葉の呪文通りに恋がかなって
最高の笑顔が印象付けられる

失敗すれば
顔を果汁だらけにしてりんごを齧る
その顔の印象が届いてしまう

そんなおまじない

だから女の子は
成功するまで連日
母親に小ぶりのりんごをせがんで
怪訝な顔で買ってきてもらう

街のスーパーの店先
小ぶりなりんごから姿を消す
不思議な光景

仲がよかった友達は
立派なりんごを買ってきてもらったらしく
夜中に二度失敗して
泣きながら三個目を食べたらしい

三個目の成功がきいたのかどうか
彼女は大好きな先輩と
毎日一緒に登下校できるようになって
結果オーライ

恋する女の子は
何かのイベントのたび
失敗だらけの魔法使いになる

ショコラに媚薬
プレゼントに呪文

恋するたびに
魔法がうまく使えると
決まってるわけではないけれど
少しづつ
上達はするもんだろうと
とりあえずは物の道理で

そして
さんざっぱら魔法を使ってきた
熟練の魔法使いは
少し離れたところから
横目でちらり

新人の魔法使いたちに
「がんばって」
そっとウインクして
見て見ぬ振りでエールを送る
寒い冬の短い一日

小さな恋人たちの
想いがかないますように

2009.02.13


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : 写真にコトバをのせて
ジャンル : 写真

3400g



冬の声が聞こえる夕暮れ
暗い夜道で携帯を開く

知らせのメールは
まだ ない

身を切る風に
頬を引っかかれながら
ポケットに手を入れて
暗い家路を急ぐ

自宅ではなく
実家への帰宅

実家の玄関を開けると
明るい光の中
温かい空気が運ぶ夕餉の香りとともに
奥から妹の夫が笑顔を覗かせ


「姉ちゃん いま産まれたよ
元気な女の子
母子二人とも無事で元気」


聞いたとたん体中が温かくなったのは
何も部屋があたたかかったせいだけではない

ちいさくはかなげで
けれど力強く声を上げて
新しい命が生まれてきた
そのことがこんなにも
体が熱くなるほどの幸せを運ぶ

たった3400グラムの
小さな赤い肌をした生命体が
この世界に現れた
その事実一つが
こんなにも家に光を降らせて
たくさんの笑顔を引き出す

ねぇ
新しい命

君の周囲の人たちは
みんな君の無事と幸せを祈って
君に会うのを楽しみにしていたよ

いままでずっと
お腹越しにしか会えなかったけど
やっと何も隔てずに会えるね

はじめて会うときは
まだ小さな君に
丁寧に挨拶をしよう

新しい光を
曇らせたり汚したりしないように

そして君は
困難に立ち向かう力を持って
自分を傷つけることなく
胸を張って歩いていくがいい

木枯し吹く冬の夕暮れ
新しい物語は3400グラムで幕を開けた

2009.02.11


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

髪

大きな鏡の前の椅子に座って
このあたりまでと肩先を指差す

もうどのくらい
かわらず伸ばしていたのか忘れるほどに
腰さえ超える 長い長い時間と

普段は一つにまとめて
硬く丸めて結んでいた

自分の気持を律して
きつく封じるように

そして幸せな歌がうたえる時だけ
心と一緒にほどいた

幸せな時間は
両手のひらで包んでも
余るほどしかなくて
この長さを知る人も
ほとんど稀で

切るきっかけは些細なことで
自分を変えるタイミングに
ちょうど重なっただけのこと
世間一般で言うような
特別な思いはさらさらない

ただ ふと 今までの自分を
と一緒に過去にしたくなっただけ

よく手入れされた銀色の鋏で
細く長く波打つ私の過去は
くるくると螺旋を描きながら
はさり はさり と床に身を投じ
そのたびに過去も床に横たわり
箒ではいて集められる

を洗い流し ブローが終わった頃
もうすでにそこに螺旋の姿はなかった

さようなら
今までの私

店のドアを開けたら
心地よい風が吹いて
柔らかな陽のあたる肩先で
やさしく巻いたアルファベットのSやCが
ちいさなつむじ風と遊ぶ

今までと違う感じに
一瞬立ち止まって
ちいさなくすぐったさを感じて
笑顔になってを見上げる

そしてまた 次の瞬間
新しい私が歩き始める

2008.11.30


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : 写真にコトバをのせて
ジャンル : 写真

重なるもんで

風邪ひきが続いて体調悪く
足の小指ドアにぶつけて
お風呂のドアで肘の頂点打って
頭が痛くなって
「アノ」日が来て
おなかと腰が痛くて
姪っ子の誕生会でバタバタして
新聞の諸々の対応に追われて
PTA活動も忙しくて
町内の旗当番まわってきて
町内パトロールも来て
親戚が来て
締め切り数件重なって
湯沸かし器から異音がして

あぁ、もう、いっぺんにいろんなことが来てパニック。

そしてそんな中一番ショックなのが

長い間やってきたネトゲがサービス終了。
ほんとはコレが一番やばかったりして。

とりあえずは今日は姪っ子の誕生日パーティーと締め切りと
PDFの送信と写真のピックアップと送信だけでもしなきゃ。

ということで、更新はできればするかもなのですがもしかし
たら来週の頭までできないかもです。ごめんなさい。

にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

葡萄

葡萄

新しい出来事があるたびに
ひとつ
ちいさな部屋が心の中に生まれる

うれしいこと
かなしいこと
やさしいきもち
せつないきもち

うすいうすい
紙よりもうすい膜に包まれた
ちいさな部屋は
少しづつ少しづつ
いろんな養分を吸って
しずかに成長してゆく

ときどき熟した粒が
ふるふると香りを放ちながら
絡んだ物事の糸をほどいて
期を見て はちり とはじけては
「あぁ そうだったのか」と
気づきを生み出す

心だから 形はないけれど
もしも形に現すことが出来るなら
それはまるで
一房のみどり色の葡萄

店先に並ぶ葡萄のように
どれも総じておいしいわけではなく
ひとつひとつ
苦かったり
酸っぱかったり

いい香りのものや
とびきり甘いものも
ひとつぶ ふたつぶ
房のどこかにそっと丸まって
密やかに息づいて眠る

おいしいものもなくては
生きてる意味がないもの

ただ おいしいものばかりだと
おいしさに鈍くなってしまうから
おいしいものはほんの少し
生きるための 大切なご褒美

私の心はみどり色の
ひとつの房を成して
音もなく静かに養分を満たしてゆき
はりはりと潤んだ
それぞれの部屋をあつめて
たわわに実らせる

いつか時が止まるその日が来たら
さらりと未練なく
迷いもなく私はになる

静かに実った
私の歩いてきた時間を満たした果実を
片手に携え 空を見上げて
一陣の葡萄色の

2008.11.30


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

甘さ満てる夕(ゆうべ)

甘さ満てる夕(ゆうべ)

肌寒い夕方 白いカップ
夕焼け色の紅茶を注いで
さらさらと 甘い粒を放つ

一つ一つ乾いた光る透明の粒は
すべてが君への思いで
さまざまな角度から光を浴びながら
彩りを変えるプリズム

想いを含んで 甘さに満ちた
私という夕焼け色の液体を
君と言うスプーンがかき混ぜる

ほんの少し眉根を寄せて
痛みに耐える表情で唇を噛みながら
首をいっぱいに反らせて
カップとスプーンがあたる音を
ちりちりと立てる

しのび鳴る鈴の音のように
何度も君の名を呼ぶ
私と言う名の飲み物

きっとこんなに
甘い粒で満たしてかき混ぜても
見た目には何もかわらず
その液体を味わうことのない者は
変化に気がつかないけれど

私を掴みあげて
一滴も残すまいと
奪うように口にする
君だけが知る
舌の上でころがる甘さ
君が愛する味

私は君のためだけに在る
夕焼け色の甘い飲み物

2008.10.28


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : 写真にコトバをのせて
ジャンル : 写真

窓

が近い部屋
後ろから君が抱きしめる
何も隔てる距離がない
小さな部屋

下に広がる国道
行き交う車たち

こんなにたくさん人はいるのに
私を幸せな気持ちにするのは
後ろに居る君だけだ

短くしたばかりの
私の髪に顔をうずめて
会いたかったと
ただ 一言

電波を通さない
その声が聞けるという
何気ないことに幸せを感じながら
私も という一言さえ
スムーズにでてこないくらい
いろんな想いが溢れだす

何から話そうか

話さなくても分かるよ

静かに抱きしめられて
無言のままの外のを見上げて
と雲を少しづつ切り取った
真四角の折り紙で紙飛行機を折って
小さくたたんだ想いを
心の中からの外に飛ばす

つらかったこと
さみしかったこと
切なかったこと
泣いたこと

君には見せたくないから
向き合う前にに放った

6階の
通り過ぎる風

秋が見える
昼下がりの部屋

2008.10.23


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

しょ・・・将軍様・・・

将軍様というと頭に浮かぶのはお亡くなりになった某国の将軍様と
暴れん坊な将軍様ですねぇ。

何気なく聞いてたらはまってしまい頭の中でぐるぐる回ってしま
いました。松平健さんって「お仕事を選ばない」と言うよりも「何の
お仕事でも自分のものにしてしまう感」がありますよね。

プロだなぁと感心します。
ついでに今日はカレーなのでマツケンマハラジャもお楽しみください。
ちなみにマツケンカレー(レトルト)はいつだったかマツケンファンの親戚
のオバちゃんにクリスマスプレゼントでリボンかけたら笑いすぎで泣いて
喜ばれました。ちなみに今も箱が部屋に飾ってあるそうです(笑)

よかったらどうぞ。クリックで始まります。
   ↓

アンドロイドマツケンサンバPV Full Version 3'51''

マツケン・マハラジャ【PV】



にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

おはよう

おはよう28

おはよう

いつもと同じ
を見上げて

おはよう

いつもと同じキッチン
うたうケトル

せっかちね
コーヒーの1杯くらい
飲んでいけばいいのに

つむじ風を起こしながら
君はこの部屋から出る

日常に
戻っていくために

久しぶりに触れた
手の感触を思い出して
頬に自分のてのひらを
押し当ててみる

煙草の香り残る
いつもと同じなのに

コーヒーだけが
なぜか少し苦い

ちいさなため息と
夢の名残の

2008.09.28


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : 写真にコトバをのせて
ジャンル : 写真

原発の後出しジャンケン

原発事故のことで後出しジャンケンみたいな発表多かったけど。
ほんとはいっぱいいろいろありましたテヘペロ みたいなこともあったけど。
ほんとは今まで安全じゃなかったのね。

これはないよね・・・・・・

にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

ブルーグレイ

ブルーグレイ_

が遠い
固い床に仰向けで寝そべる
誰もいない宙を抱く

一度だけ君はそこにいて
いまは いない

だからそっと
自分の腕で再現してみる
大好きな 君のかたち


左の肘を右のてのひら
右の肘に左のてのひら
柔らかく当てたまま
近い方の手首をそっと頬に

後ろから抱き締めたときの
静かな情熱

君の手首に頬を当てたら
見えないタッチセンサーの
スイッチにふれたように
てのひらがくるりと反転して
大きな暖かい手が頬を包む

それが当たり前の
決まりきった動作のように
私の頬は 君のてのひらで
安堵して休息する

まるで
何万回も繰り返されてきたかのように
ひとつの不自然さもなく
それが正しい形であるかのように


左の肩を右のてのひら
右の肩を左のてのひら
押し当てて出来た
わずかな隙間に顔をうずめて
君と過ごした時間
甘い溜息を思い出す

君にしか見せない表情で
私がうたう幸せなハミング

隙間なく抱き締めた腕の
産毛が肌で遊ぶことに
歓びを感じながら
その腕がいつか離れる
切なさも予感して

そして時が経った今

私の上に広がるの不在を
ひとり 噛みしめながら
いとしいあたたかさを思い出して
私はかなしい雨雲になる

幸せも 愛しさも
切なさも
すべて雨の粒に変えて
音も立てずに静かに降る

君は知らない

ひとりの私は
追憶の世界に雨を降らせる
ブルーグレーのかなしい雨雲

2008.09.02


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : 写真にコトバをのせて
ジャンル : 写真

衝撃映像!

衝撃映像

先日買い物に行ったときにシュークリームを発見しました。
ばかでかい・・・んで、そのとき喉が痛かったので、冷たいカスタード
クリームで喉がひんやりするかもっ、と思い、意地汚くもその大きなシ
ュークリームを2個買って冷蔵庫にイン。で、夕食後のデザートに。

大きなシュークリームに目を見張る子供。

じゃあ一口、いったっきまーす。

先に齧った子供が怪訝な顔をしてシュークリームを覗き込んで笑っている。
「なになに?変な味したの?」
と聞くと笑いをこらえながら
「いや、かーさんも齧ってみて。はよ(笑)」
なによ、って思いながら齧ってみると……
あら?クリームがない……?
思わず私もシューの中を覗き込むと、昔小学校の国語か社会科の教科書で
見た「雪国のかまくらの中で甘酒を飲む子供たち」のように小ぢんまりと
したクリームが、横と上のシューにくっつかないようにちょこんと座って
いた。二人で顔を見合わせ大爆笑。

いや、確かに大きさを見て意地汚くも買っちゃった訳なんだけど、確かに
シューは大きかったけど、「クリームもたっぷり」とか書いてなかったよ
なぁ(笑)たぶん中身の量はそのメーカーさんの普通のシュークリーム
かわらないくらいなんでしょうね。

それにしてもやられたわぁ。
意地汚いと損しちゃうのね、とおもった私でした。
シューの上にも横にもクリームの痕さえないのがお見事だったので思わず
写真を撮ってしまいました(笑)

話はまったく違うんですけど、先日、足跡をたどってサイト訪問していた
時のこと。某サイトさんからリンクで飛んだ先が同じテンプレで、なんだ
か不思議な感じ。こういう不思議感はなかなかないなぁと思ってそこのリ
ンクから飛んだ先がまたしても同じテンプレ。えぇぇぇ、こういうことも
あるんやねぇ。凄い偶然、と思ってそこのリンクをクリックしたらまた同
じテンプレΣ( ̄口 ̄*)うわぁぁぁぁ、こんなことがぁぁぁぁぁ。

で、開いた小窓を全部閉じて、元の足跡のページに戻って次の人の足跡踏
んだらまた同じテンプレでした。

えぇぇぇぇぇぇΣ( ̄口 ̄*)

こんなことってあるんですねぇ。
グリーン系の使いやすそうなシンプルなテンプレなので結構使われてるん
でしょうね。びっくりな出来事でした。

あと、更新止まってるサイトさんのリンク先が、全部トップが広告でさみ
しくなっちゃったこともあったり。

いろいろですなぁ。


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

藍(あお)に抱かれて

藍(あお)に抱かれて

いいんだ
別に
誰にも見られなくても

いいんだ
別に
みんながいっせいに
美しいと誉めなくても

ただする
君だけの前で

私は惜しみなく
香りを放って開く

その手で
私を握りつぶしたいほど
していると言う
君だけのために

夜との狭間
(あお)い
の色に抱かれて

2008.07.27


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-音ななを

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

日々

日々

静かな夜
ふと時計を見る

気がつけば夜中の2時もとうに回って

やれやれ またか

小さくふぅっとため息一つ
外からは雨音

こんな時間じゃ
君は眠っているに違いない
ゆっくり眠っていればいいけど

そんなことを考えながら
やっとデスクから離れて
眠る前のシャワーを浴びると
ようやく長い一日が終わる

1日のしがらみを流す
あたたかいスコール
こまかい飛沫が跳ねて
不要な物を洗い流して行く

甘い香りのオレンジのシャンプー
リンスはホワイトネクタリン

シャワーを浴びている時の私は
1日のしがらみをおとして
いい香りに包まれて
まるで大きなフルーツキャンディーのように
甘くて酸っぱい果実の香りがする

今ならきっとおいしいのにね
指でつまんで包装紙を剥いだあとで
君の口に飛び込んだら
君が好きな香りを放って
いろんな表情で転がりだすのに

遠く離れた今は
食べさせてあげられないのが
ちょっと残念

ちいさく くすりと笑う
背中を滑る水の流れつたって
落ちた先 水色のタイルの上の水たまり
漣の上で外の雨音が小刻みに揺れる

シャワーのスコールの音と
雨音が響いて
バスルームの中は
幸せな音楽が満ちる

ただひとつ
もう一人の奏者が
不在だけれど

君のにも雨が降るなら
雨の雫つたって
眠る君の耳にもかすかに届く
梅雨もそう考えれば
幸せな模様

ノズルをひねって
お湯を止めたらバスルームを出よう
3時間後にはまたが来て
慌しい一日が回りだす

長い長い髪を風に当てて乾かしたら
ラグを敷いた床に横たわろう

君が居ないのなら
ベッドに眠る意味はすでにないから
明るくなったを見上げながら
硬い床の上
うつぶせてしばし瞳を閉じる

3時間後ののために
君とまた
繋がる日に近づくために

2008.07.25


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

降ってるねぇ

降ってるねぇ

 降ってきたねぇ

ほんと 降ってるねぇ



飛行機が通るちょうど真下
飛び立つ音に
時々言葉をかき消されながら

が止んだら
外に出て写真をとってみたり
また降り出したら
ぱたぱたと
車に戻って

小さな泡
踊る飲み物を君が
キャップをひねってあけて
喉を鳴らして一口

香ばしい香りに
シロップとミルクを加えた
ほろ苦い飲み物を私が
時間をかけて一口

そんなことを子供のように
嬉々として
繰りかえす喜び

別段何でもないことを
普通にできることについて
幸せだと感じながら

意味もないことの方が
本当はたくさんの意味があって
つまらないことこそ
本当は大切だったりする

なにもないことの幸せの上
車のルーフに
音がはちはちと踊って

君にもたれたら
私の心にも
君と言う

2008.07.17


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

奏(かなで)

奏(かなで)

君は君の場所で
私は私の場所で
ピアノでるように

遠く離れた君と私が
画面の向こうとこちらで
想いを伝えあう

今日あったことや
食べたものの話
見たもののこととか
考えたこと

笑いあったり 少し困ったり
時に怒ったり

会えない切なさ
遠い距離
タイプされたたくさんの文字を集めて
少しでも距離を埋めるように

離れていても
いつだって心はそばにいて
抱き締めあっていると言うのに
体は遠くはなれて
ふたつのままだ

いつか
同じひとつのピアノの前に
ふたりで向かって

笑ったり 難しい顔をしたりしながら
同じ時間のなかで
一つの曲をつなげてゆく
生きてゆく時間の連弾

ときには歓びではねるように
ときには激しく鍵(キィ)を叩いて
いろんな音色を響かせながら
ゆっくりと確かめあうように

いつか
同じひとつの曲をでてゆく
そんな時が過ごせればいいと

今は距離を隔てた
ディスプレイの前
それぞれの場所で
それぞれの曲をでる

遠く離れた
それぞれの
空の下で

2008.06.25


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : 写真にコトバをのせて
ジャンル : 写真

子供とエロゲー



先日某所の話し合いで行ったファミレスにて。
みんな一通り注文して、ドリンクバーもそれぞれ利用しつつの
憩いのひととき。飲み物を飲みながら雑談していると、注文し
たデザート類がぼちぼちとやってくる。

「あー、それにすればよかったー」とか
「これ好きでつい頼んじゃうー」なんて和やかに話していたら
最後にデザートが来たNさんが、来たものを見て「あ……」と言う。
ん?なになに?と覗き込んだら上の写真のものがきたよ。

ん?あら?これはもしやサラダのベビーリーフのカブ・・・の・・・葉??

思わず大爆笑。

いや、ハーブがなかったんでしょうね、きっと。ミントもセル
フィーユも。でもそれにしても赤カブのベビーリーフはちょっ
と……しかもNさん元コックさんだから一発でバレバレです。

「んっと、これはサラダと言うことでー」とNさん。
再度大爆笑。かなり和んで話も進みました(笑)

さて、閑話休題。

最近イラストにかなり目覚めた腐女子道邁進中の子供なんです
けど、最近ちょっと困った場面に遭遇してます。アニメの動画
やイラストサイトをよく閲覧してるんですけど、最近、必要以
上にエロゲーのバナー、多くありませんか?いやね、そんなサ
イト見せなきゃいいじゃないの、と思うかもしれませんが、普
通のファンサイトでも裸の女の子の股間を「クリックで攻略せ
よ!」とかね。18禁サイトじゃなくて普通のサイトでも出てき
てたりするし(一応PCの閲覧フィルターとやらもかけてるけど
こういうのははねないらしい)。

あれってどうなんだろね。
子供の目に触れるとこにも置いてあるわけで、ちょびっと刺激
が強いなぁと。まぁ、ネットの世界、そう言うものもあるわけ
で、選択は親の助言か子供の側にもあるし、まぁそう言うもの
がなんとなく気になり始めたお年頃ではあるとはいえ、ちょっ
と露骨すぎですねぇ。この間もアニメ動画のサイトを閲覧して
たとき、PCの下のほうに葉書を立ててたから「これ、何のおま
じないよ」ってはずしたら、子供が自主的にエロゲーのバナー
を葉書で隠していたのでした。

「こうすれば見えないから」

うーむ……
うちにテレビがないから、友達と話ができるレベルでと思って
見せてたりするんだけど、もう少し親が気をつけないとですか
ねぇ。まぁ、性への興味はいつかどこかで湧いて、そしていつ
かどこかで真実を知るんだけども……

うーん……
親としては頭痛いです。


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

雨  ─君の夢を見よう─

 雨  ─君の夢を見よう─

ねぇ

が降ってきたよ

ほんの今まで
君の声しか
この世界にはなかったのに

ねぇ

まるで映画のシーンが
一瞬で替わるように

今まで君の声を届けていた
真っ白の携帯
「ぱくり」と音を立てて
半分にたたむと
部屋中を包む
柔かなホワイトノイズ

君の不在が作り出す
はてしない虚広がる
心の隙間に
やわらかなの音が
注ぐように流れ込んで

君の声が途切れた夜
音 部屋の中にみちて
鈍(にび)色の雲
ピアノブルーの夜が覆う

瞳を閉じて
長いため息ひとつ
君の名前で縁取りをして
窓をつたう雫
涙のかわりにそっと仕舞いこむ

君からの着信を知らせる
ブルーのランプに
恋焦がれながら
音で心を包んで

今宵は
私の上に広がる
抱きしめられるがないから

一人しずかに
そっとうつぶせて
君の夢を見よう

2008.05.20


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

春の雨 春の嵐

春の雨 春の嵐

花曇り
遠くない雨を呼ぶように
水の匂いして

小さく鈴を鳴らすように
風がを揺らす
の香り運ぶ

ゆるやかな螺旋の流れが
部屋の窓に届く頃
午後の穏やかな明るさのなか
雨待ちの私は
静かに薄目をあけて
君を見上げる

花曇りより近い
君は
触れることのできる 

水の匂いはこぶ春の雨雲が
分子を集めて雨を降らせるように
君の肩が私の上に広がり
掌が頬をいとしく包み
想いの分子を集めた粒で
私の名前を降らせ始める

私は小さな植物のように
精一杯体をそらせて
君から降りてくる
甘雨を受けとめる

しずかに
しずかに

上気して熱を帯びた声を
互いの唇でそっと包んで隠しながら
咲くの触れあう音の
囁き合う音より
もっとしずかに

やがて 散らす風
髪も心も乱れるままに
嵐となって花を打つ

なんども
なんども

花がせつなく
許しを請う時まで
止むことはなく
部屋の中は
すでに春の嵐
かき乱れて

窓の外も
いつしか春の雨
やがて
花散らす嵐

2008.04.15


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

嫁に癒されて


子供の学習発表会でがっつり
風邪もらってきた(+_+)

閉めきった人の多い場所はあ
きませんなぁ。

やっと足治ったばっかりなのにぃ(>_<)

皆様も風邪には注意してくださいね。

って私が言っても真実味なさすぎ
ですが(笑)

今日は心の嫁(キイロイトリ)に
癒されて早く寝ます。

おやすみなさい


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

Penetration




太陽の光が
を見上げる春の
薄い弁を透かすように

君への想い
隠すこともできず

春の陽射し
あたたかな君が
見上げた目線の先で
そっと笑う

舞い散る
やわらかな日曜日

2008.04.06


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : 写真にコトバをのせて
ジャンル : 写真

届けばいいな


見上げたら
あんまり素敵な空の景色

一人で楽しむのは
あまりにもったいなさすぎるから

切り取って送ります

ほんの少し
空をおすそ分け


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

おげんきですか

おげんきですか
遠い
春待ちの街

雪はとけましたか?
おげんきですか?

白い建て物を後にして
自宅に帰られたと
風の噂に聴きました

去年の
ちょうど今頃
桜の咲く頃
この広いネットの世界で
偶然にも再会しましたね

覚えてますか?
「一目であなたの文章だと分かりましたよ」
そう言ってくださったのを


おげんきですか2

回復をそっと祈りながら
今年もこの
あなたに贈ります

兄のような
父のような
先生のような
あなたに


おげんきですか3

いろんなことを懐かしく話した
去年の今頃のことを
心の片隅にでも
思い出してくれたらいいな

だけど
リハビリは焦らずゆっくりと

急ぐことなんかないです
時間を味方につけて
ゆっくり
ていねいに


おげんきですか4

風に揺れる桜ののように
心が乱れることもあるかもしれません

だけど
ゆっくり ゆっくり
気長に 気長に

植物の小さな芽が
時間をかけて
それぞれのペースで
自分のを咲かせるように

一歩一歩
ゆっくりと
季節のが開く速度で
あなたの心が
歩けますように

また
季節の花を届けます

兄のような
父のような
先生のような
あなたに

2008.03.31


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

秋の物憂い感じの風景



今の時期まで残ってる紫陽花。

花びらは変化した葉っぱと言うなら今の時期まで
残ってても不思議はないか。

寂れた色合いも秋の彩りですね。


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

Specific medicine

Specific medicine

心が風邪をひいた時
無理が続いた時
張り詰めた何かがふつりと切れた時

なぜだか決まって
咳に付きまとわれる

熱もない
何の薬も効かない

朝も 昼も 夜も

ただただ続く
Cough Cough Cough

心の元気もなくなって
「もうだめだな」
治すことさえ
諦めようとした矢先
思いがけずに
繋がったアクセス

「元気だったか?」
そのひとことは

気が遠くなるほど長く
舌を噛みそうな
難解な名前の薬よりも

どんな強い菌でさえ
萎えさせてしまうような
抗生物質よりも

声を出してあえぐほどの
高熱を一瞬で下げる
熱さましよりも
効いてしまう

単純な自分に
少し笑いながら

「ありがとね」

0と1の窓の向こうに感謝して

どこにも売っていない
私にしか効かない
唯一の特効薬

そっと静かに
喉に滑らせた

2008.03.23


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

あぁん、なんかそうでなくてぇ(+_+)


いやね、「ズバリ」は「ポッキリ」とは違うことは分かってるんですよ。

でもねぇ

なーんかこれじゃない感がハンパないです。
数の座りが悪すぎる(ノ><)ノ

あ、でもお肉はおいしかったですけども(笑)

にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

あたたか

あたたか

風吹く寒い場所で
をずっと眺めていたから
指先まで凍えてしまったけれど

体全部が悴(かじか)んでしまったからこそ
知ることもある

氷点まで冷えたガラスの私に
心という温かい飲み物
君がそっと手渡す

暖かさに慣れなくて
躊躇う私に
もう 冬は過ぎたよと
君が柔かな声で

一つだけうなずいて
凍えた唇をそっとカップに当てて
一口含んで
「こくり」
喉を鳴らして飲み込む

凍えて細く狭まった喉を
あたたかさが押し広げながら
温度差でできたクラックが
ぱりぱりと広がり
ひび割れた部分は
大きく小さく
さまざまな形に砕けて
あたたかさと一緒に
喉の奥に滑り落ちる

その飲み物
初めて口にする味で
どこにも二つとない味がして
あたたかくて
ただ あたたかくて

まだ寒い冬だと思い込んでいた
ほんの薄い薄い
薄氷(うすらひ)のむこう

割れた先には
あたたか
静かに佇んでいて

もう 冷たいガラスではない
体温を持つ私が
割れた破片の隙間から
めいた
を見上げて

こんどは
からになったカップに
私と言う名前の
飲み物を満たして
君に差し出そう

あたたかな
の訪れを
報せてくれた
感謝をこめて

2008.03.21


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

藍音ななを

Author:藍音ななを
詩作の長いブランクを経て2006/9から書き続けています。
空と雨を何よりも愛しています。

血液の82%はコーヒーでできています。
きっと できています。

写真撮影は注釈がないものについてはすべて
撮影者:藍音ななを
撮影機:au Win W41K(携帯by京セラ)
2008/2からau Win W61CA・softbank 940SH
を通して私の目が見た世界です。

著作権は放棄していません。
無断転載/無断引用/複製は固く禁じます。

●●このブログはリンクフリーです●●
綴った詩がお気に召しましたらお気軽にリンクをお持ち帰りください。その際お知らせくだされば相互リンクも貼らせていただきます。コメントもお気軽にどうぞ。

*アダルトとスパムサイト様はご遠慮させていただきます。


ネット詩誌 MYDEAR所属
福岡県詩人会所属

2013.6.9 藍音ななを
動画:夢路

にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

現在の閲覧者数:
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。