スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨が降るから

雨が降るから

今夜は
が降るから
ピアノの音を聞こう

音のピアニシモ
フォルティシモ
早かったり
遅かったり

時折
自分が弾いているように
リズムをとりながら
ヘッドフォンを
手で押さえて

激しい音は
聞こえないように

聞こえてしまうと
思い出してしまう
人がいるから

2007.05.10


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

あぁぁぁぁん

物書きの途中、この辺のご近所一帯で5分ほど停電にな
りました。電気がふっと消え、お隣の声がでかい奥様が
「あぁん?停電なのぉ?ちょっとぉ、うちだけ?この辺
全部なのぉ?」と、外に出て一人で言ってました。昨日
の雨風で緩んだかはたまた工事か。何があったかは知り
ませんが電気の供給がストップ。

推測はいくらもあれど、私に降りかかってきた現実は
書いた原稿がパーになったということだけです。
あぁ・・・また一から書き直しだよ……・゜・(PД`q。)・゜・

そんなこんなもありましてー……

今日と明日は集中で創作諸々なので、お返事が遅れること
になると思います。たまに息抜きでちょこちょこ戻って来
てお返事書き込むかもですがー(笑)

2日間ほどご了承ください。

終わったらお返事マシンガンで書きますねぇ♪
詩のほうは時限装置かけていきます。

さぁ、書くぞ書くぞぉぉ。
消えた分も書くぞぉぉ( ̄― ̄°)


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

ひかりさす 樹

ひかりさす 樹

木漏れ日差す
緑の下で
見上げる太陽

透ける新緑の
葉の中には
脈々と
樹の血液

透明な
樹の血液は
小さな葉の
一枚一枚に
すべて満ちている

どれひとつ
忘れられることなく
こまかい葉脈の
一筋一筋へ

とうとうと
止まることない
動かぬ樹の
永遠の営み

しっかりと
地に根を張り
大本が揺らぐことなく
それでも
さらさらと
ゆずれるところだけ
風にそよいで

優しい言葉で
風と歌う
動くことなき
いきもの

その下の
葉の間から
光透かす
空を見る時

人は
大きな樹の
強さとやさしさに
包まれて

ひとしきりの休息
そして
また歩き出す

自分の
目指す場所へ

2007.05.09


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

→続きを読む

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

誕生日

誕生日

目を覚ませば
そこに生まれたての私がいる

眠りの中から
眩しい
滑りこむ
私がいる

闇を破って
露を静かに降らせながら
音もたてずに
は毎日来る

おはよう
そら

毎日
新しい空を見上げながら
毎日
生まれたばかりの私がいる

露を
体じゅうの
いたるところにたたえて
ふるわせながら

毎日生まれて
生きている
私がいる

特別なのは
その日一日だけじゃない
私にとっては
毎日が
大切な
誕生日

2007.05.10


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

雨音

雨音

ルーフを叩く


エンジンを止めた
運転席から
ぼんやり眺める
夜の

明かりの回りだけ
まるで小さな花火のように
光を湛える
フロントガラス

は好きだけど
思い出す人がいるから
少しだけ
淋しい

待つ携帯の
ベルは鳴らないけれど
帰りたくない
こんなの夜

もう少し
このまま
雨音を
聞いていよう

もう少し
もう少しだけ

2007.05.06


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

幸せの青い鳥と花の地平線

幸せの青い鳥と花の地平線

なんだぁ
こんなに近くにあるなんて

何も遠くを冒険して
遠い場所を探しに行かなくても
目の前すぐにあるんだね

高望みして
無理して背伸びしなくても

心の目を
もう一度マクロレンズに
切り替えたら

ほんとうは
手の中にあった
幸せ
青い小鳥のように

ほら
こんな住宅地の真ん中に
ひっそりとあるのを見つけたよ

青い 青い
の地平線

ほんとうは
目の前にあるんだ

幸せ
の地平線も

2007.05.08


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

そらいろ

そらいろ

いつかきっと
見るだろうと思っていた

いつかきっと
見てしまう日が
来るのだと思った

長いような
みじかいような
時間を過ごした終わりに

どこか はるか
私の知らない
遠い世界を見つめる

一面に
する


2007.05.07


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

♪

流れる風に乗って
陽気な音楽が
聞こえた気がして

見回せば
風の五線譜に
揺れる音符

のどかな
春の
風のうたい


揺れる
昼下がり

2007.05.08


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

みどり

みどり

光透かす若葉を
眩しく見上げながら
ジャスミンの柵を
通り過ぎる

光溢れる
初夏の風

まだすこし
心の隙間は
あいたままだけど
気にしない

離れても
君はそこに
遠くても
私はここに

の風
心の中も通って
歩く力を
私にくれる

2007.05.07


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

おはよう

おはよう13

まだ眠い
携帯のアラームが告げる
今日の始まり

うつぶせた枕の上で
何度も顔を左右に
少しづつ目を覚ます

おはよう
の寝覚めはどう?
よく眠れた?

窓の外は
明るい

今日もスケジュールはいっぱい
それでも
しっかり顔をあげて

いってらっしゃい
いってきます

2007.05.09


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

近寄りがたい・・・

近寄りがたい・・・

昼間見た時は
あんなにユーモラスで
あんなに
面白い気がしたのに

見たら
一つ一つの
花の中から

ぺちゃくちゃ
ぺちゃくちゃ
噂話を囁く声が
聞こえてきそうな

ふしぎな


2007.05.06


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

不思議な夢を見てごらん

不思議な夢を見てごらん

瞳を閉じて
不思議な夢を見てごらん
黒い 暗い 心の奥

ゆっくり時間をかけて
不思議な夢を見てごらん

あなたは
囚われのお姫様で
高い高い塔の上に一人でいる
そこへ
幾千もの兵士を倒してやってきた
素敵な王子様
手を差し出してあなたに言うんだ
「早く!この手をとって!!」
手を差し出したあなたは
その時初めて気づいてはっとする
王子様の顔も輪郭もない

あなた 誰?
自分の声で
ブラックアウト

***

瞳を閉じて
不思議な夢を見てごらん
黒い 暗い 心の奥

ゆっくり時間をかけて
不思議な夢を見てごらん

あなたはオフィスで仕事中
資料の中に挟まれたにんじん
「誰だよ、こんなことするのは!」
すると部長が慌てて走りよって来て
「それは社長の馬じゃないか
にんじんは当たり前なんだよ」
納得できないでいると
社長の娘が資料の束にまたがってやってくる
部長が走りよってこう言うんだ
「お嬢様、今日の愛馬は一段と精悍で」

***

瞳を閉じて
不思議な夢を見てごらん
黒い 暗い 心の奥

ゆっくり時間をかけて
不思議な夢を見てごらん

大きなダイヤが
肩にくっついて離れない
おかげでいろんな奴に
何度も誘拐される
ジャパニーズ・ヤクザ
香港マフィア
ビルゲイツ 叶姉妹
でもさすがに
ロケット団じゃあ
夢以外ありえない

***

瞳を閉じて
不思議な夢を見てごらん
黒い 暗い 心の奥

ゆっくり時間をかけて
不思議な夢を見てごらん

もうそろそろ起きる時間
ベッドから起き上がって空を見上げる
トマトジュースの雨が降り
TVは紙芝居
電気はすべて
ハムスターの回し車か自転車についたダイナモで
自分の足で漕いで回して電力供給
「なにこれ?」
「しらなかったの?エコロジー法で今日から世界中
自分の電気は自分で作ることになったんだよ」
えーーーーーーーーー?
携帯の充電が切れそう
朝食も食べないまま自転車をこぐ
ダイナモつけると 足 重い
なんだよ これ

***

とりとめのない夢ばかり
夢だからとりとめないのか
もはや生きてる今さえも
夢の中なのかも知れぬ

あのことも
このことも
すべて夢なら

すべて夢なら

2007.05.05


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

待ってるの

待ってるの

夕暮れ
ただ黙って見上げて
少し待ちくたびれて
あくび
ひとつ

に恋焦がれて
からだも
こころも
色になりました

ちいさな体を
パラボラアンテナみたいに
ふるえるほどにひらいて
好きな人が来るほうを
気にしながら

そっと静かに
草の上
ひざを抱えて
を見上げながら
じっと待ってる

待つのは好きなのよ
どんなに
どんなに
長い間待ってても
好きな人の顔が見えたら
笑顔になるじゃない

例えその人が
違う誰かを見つけて
笑顔になるのを見たとしても
そのひとが 笑顔なら
私は幸せなの

人目を引くほど美しくない
何のとりえもない
私は
ただここで
ひざを抱えてを見上げて
宵のを待つ

宵待ち草

2007.05.05


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

あめつぶ

あめつぶ

葉の上に
静かに着地して

少しづつ
粒を集めて

もうこれ以上
支えられないと思った時
するりと滑り落ちる

ひとつぶ
ふたつぶ

私の心の
緑の葉の上にも
少しづつ
粒を集めて

ひとこと
ぽつり
君の名前をつぶやいたら

するりと滑り落ちた



2007.05.06


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

おはよう

おはよう12

はお天気がいいね
暑くなりそうだよ

このあたりはお祭りが終わったら
一足飛びに
夏の気配がやってくる

風はもうすでに
夏の装い

間もなく
夏がくる

季節の流れは早いね

いってらっしゃい
いってきます

2007.05.08


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

よっこらしょ

よっこらしょ

最近色々ありました
体もつかれたけど
心は かなり

たまにはちょっと
ひとやすみ

まぁるい水玉に座って
ほんのしばし
お休みしましょ

よっこらしょっと

疲れが取れたら
また歩き出すよ

ちょっとだけ
小休止

2007.05.06


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

無邪気な妖艶

無邪気な妖艶

しどけないポーズが
あどけなく見えるほど
無邪気
金糸雀色のドレス

色に油断してしまいそうな
大胆なデザイン
胸元と背中が
光を放つほどに

幾百もの手が
そのドレスを散らそうと
捕まえようと
両手を出すと

風のように
ドレスの裾を翻し
金糸雀の啼くような
笑い声を残して
羽ばたいて消える
美しい少女のような

夕闇に浮かぶ
アイリスの花

2007.05.05


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

孤高

孤高

青いにも染まらず
白い雲にも染まらず

夜が降る前の
まっすぐに屹立して

耳に聞こえない
電波のなかから

何のささやきを
選び取って
聴いているのか

孤高
アンテナ

2007.05.04


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

秋の気配ががが

じりじり照り付けてやまない太陽を見上げながら歩く
買い物帰りの道。暑いのがこんな似に苦手なのになん
で九州に生まれたんだろうと思いながら、指に食い込
むスーパーの袋を時々ゆすり上げながら歩く。

でもね、
だけどね

今まで日陰でさえじりじりむわむわしてたんですけどね、
ここ数日は日陰を通るとすーっと冷たい心地よい風が
通り抜けていくのを感じるんです。

やっぱり雨って偉大ですね。雨というか自然って凄い
のねって。雨前まで台所で料理してる時も後ろから前
から炙られているみたいだったのに、雨の後は汗のか
き具合がまったく違うんです。

なんだか涼しくなったなぁ。
でも、温度計見たらそれでも30度超えてたりはする
んですけど。

あれ?
ということはただ35度↑に体が慣れちゃってただけ??
いや、そうじゃないよね、きっと秋の気配がしてるん
だよね。そうだよね???

そういうことにしておこう。

あー、早く長袖のTシャツ1枚で過ごせる涼しさにな
らないかなぁ。福岡だと10月くらいかなぁ(´;ω;)


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

君越しに見ていた世界を

君越しに見ていた世界を

君越しに見ていた世界
君と言うフィルターを
はずして見た

ジャスミンの花の
香り渦巻く
五月のの中

自分の足で立って
自分の目で見て
自分の肌や
鼻で感じる

昔から知ってる
新しいこの世界

君が居なければ
見えなかったこの世界

君を愛したからこそ
いまここで
生きたまま感じられる
新しい世界

君が居なければ
今ここに居なかったかもしれない
私から

君に
いくら言っても
言い尽くせない
ありがとうの
言葉の花束を

太陽の
光と共に

2007.05.04


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

機を待つ

機を待つ

の中
硬く口を閉ざして
無言で
にうたれているのは

いつでも
いちばんいい時に
開きたいから

これ以上にないほどに
硬く かたく
まっすぐに
身を引き締めて

開くべき時に
精一杯
開くための

機を 待つ

2007.05.03


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

夜が明けるよ

夜が明けるよ

朝露降る 夜明け

また気がつけば
朝がきている

窓を少し開けて
花田色の風を聞く

さわさわ
小さな風の音に
鳥の声

やがて
勿忘草色から
ミルクティの色を通って
昼間の色になる
不思議な
色の移ろい

毎日見るの色は
実はほんの一面
こんなに毎日見ているのに
私はの顔の
すべては知らない

ふと気づけば
もう明けの

おはよう
夜が明けるよ
そうひとことつぶやいて
長い一日を閉じよう

閉じるといっても
ほんの数時間の
小休止

まぶたの裏に
朝の青を
しのばせながら

2007.05.04


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

こもりうた しゃらら

こもりうた しゃらら

くさも きも
ねむる じかん

みどりのすずの
やさしいねいろ

しゃらら
しゃらら
ねむれぬよるも

しゃらら
しゃらら
きょうはおしまい

やわらかなくさ
よつゆに
ふるふると
ふるえながら

やさしくつつんで
そっとおやすみ

ゆめをみて
おきたおさなごも
ものおもい
ねむれぬおとなも

もう
きょうはおしまい

しゃらら
しゃらら

おやすみなさい

2007.05.02


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

ゆうぞら

夕空

雨上がり
ふと見上げれば

うっすらと
紅をさした雲

暮れるのを
惜しみながら
形を変えて
流れる

明日もまた
少しはにかんだ
夕空の雲を見上げながら
ひとり
を見上げながら
歩いて帰ろう

好きな
音楽を聞きながら

2007.05.01


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

どうしてなんだろ

どうしてなんだろ

いつもそうなんだ
なんでだろ

「ひとり」になったときは
ギャンブル運がつく

そうだよね
誰か好きなヒトがいる時は
その人に運や才を
飛ばしちゃうからなぁ

だから悲しいくらい
ギャンブル運が
戻ってくる

時間も気にせず
集中するからかな

人の存在を気にしない
自分で決める
引き際

日々についても
そう

あぁ でも
自分で決めた
引き際だから
後悔はしてないよ

支えてもらってたなって
感謝するばかり

さぁ
今日は
久しぶりに
庭でもいじろうかな
かまってあげてなくて
生え放題の草花

ローズマリー
少し切ろう
空を求めすぎて
伸び放題よ

気がつけば
いつもと同じ
やることが
いっぱい

こうやって
過ごしていく
ひとりの
日々

2007.05.03

テーマ : ことば
ジャンル : 学問・文化・芸術

と げ

と げ

やさしいだけじゃないんだ
時々棘が当たるよ

ごめんね

そんなつもりはないんだ
だけど
傷つけてしまう

ごめんね

だから
いつも
誰とでも

ほんの少しの
距離

ほんとは
寄り添っていたいけど
だめなんだ

ごめんね

2007.05.02


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

おはよう

おはよう10

いつまでも
包まれていたい

ふか ふか

大好きで
ずっとずっと
頬擦りしていたい

ふか ふか

やさしくて
やわらかくて
はなれたくない

ふか ふか

それでも非情に
朝はやってくる

アラームがなったら
ふかふかの世界から抜け出して
いつもの日常

今日も
空を見上げながら

いってらっしゃい
いってきます

2007.05.01


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : ことば
ジャンル : 学問・文化・芸術

やさしい雨音

やさしい雨音

さして
いたどり
茂みのそばを通る

はたはたと 葉を打つ
やさしい雨音

柔らかい
心の形の葉が
精一杯
空に手を伸ばし
雨を受け止めると

角のない
やさしい雨音

はたはた
はたはた

このやさしい
雨音に隠れて

いたどり
茂みに隠れて

この音と
同じトーンで

愛していると
囁かれたかった

遠いとおい
雨の日の
まぼろし

2007.05.01


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

祈り

祈り

両の手を
そっと合わせて

たいせつに
たいせつに
こぼさぬように
包むように

雨にうたれながら
私は空の下
祈り続ける

君に いつまでも
たくさんの幸せが
降り注ぎますように

胸の前で
手を
かたく
かたく
静かに合わせて

雨が上がるまで

2007.05.01


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

気がつけば 雨

気がつけば 雨

重い雲の下
鉛色に負けない
花の色を見ていた

山吹色

オレンジ


そうだったね
鉛色に負けない
私は私

うつむかず
上を向いて
前を向いて
自分に自信を持って
自分で歩く

君から
そう教えてもらったんだったね

約束
思い出したよ

君の笑顔を曇らせる前に
私はまた
自分の道を歩き出そう

道端の
花を愛でながら
自分の目に写る
空や風景を
置いてゆこう

もうだいじょうぶ
心配しないで

私はもう
ちゃんと自分で
歩いていけるから

気がつけば 雨
もう暖かい日ばかりじゃないけど
冷たい雨も
ちゃんと受け止められる

私は
ここに

2007.04.30


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←いつも応援ありがとうございます♪(*´▽`*)感謝♪そらのごきげん-想天流転-藍音ななを
プロフィール

藍音ななを

Author:藍音ななを
詩作の長いブランクを経て2006/9から書き続けています。
空と雨を何よりも愛しています。

血液の82%はコーヒーでできています。
きっと できています。

写真撮影は注釈がないものについてはすべて
撮影者:藍音ななを
撮影機:au Win W41K(携帯by京セラ)
2008/2からau Win W61CA・softbank 940SH
を通して私の目が見た世界です。

著作権は放棄していません。
無断転載/無断引用/複製は固く禁じます。

●●このブログはリンクフリーです●●
綴った詩がお気に召しましたらお気軽にリンクをお持ち帰りください。その際お知らせくだされば相互リンクも貼らせていただきます。コメントもお気軽にどうぞ。

*アダルトとスパムサイト様はご遠慮させていただきます。


ネット詩誌 MYDEAR所属
福岡県詩人会所属

2013.6.9 藍音ななを
動画:夢路

にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

現在の閲覧者数:
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。