スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

料理



料理


料理を作ろう
私と 君にしか作れない料理

まずは材料をカットしよう

楽しかったこと うれしかったこと
サプライズ 一緒に見た風景
感謝したこと

切ってしまうなんてとんでもないから
おおきな丸ごとの形のままで
表面を丹念に洗って

悲しかったこと 苦しかったこと
辛かったことや 遠い距離
苦い涙は
薄くスライスして
できるだけ小さく刻んで
こまかく こまかく

大きな鍋にお水を張って
材料を全てそっと泳がせたら
暖かだった君の体温を
焚き物にして煮込んでいこう

窓の外は風鳴りがして
時折啼くような
飛行機のエンジン音が聞こえる

部屋の中は
くつくつと
現れては消える
うたかたのため息

煮込む部屋の中
私は本を読んで
詩を書いて
時々うたた寝して
君の夢を見る

もう 雪は降ったかしら
見損ねた雪景色を
残念に思いながら
椅子から立ち上がって
料理を仕上げにかかる

素材は最初からよかったせいか
ほろほろとやわらかく煮えていて
小さく切ったマイナス素材も
全て形なく煮とけてしまって
あったことも忘れてしまうほどに

とろり
とろとろ

いろんな想いが煮とけた煮汁の中に
仕上げのスパイスを加えよう

君の車で見た風景
コンビ二でした小さな買い物
初夏のさくらんぼ狩り
知らない街で道に迷いながら
遅くなってもちゃんと来てくれた事

香りが飛ばないように
さっと混ぜ合わせたら
器によそう

軟らかく煮えた優しい思い出たち
上からかかる
苦味や辛味がほのかに顔を出すけれど
懐かしい味の素敵なソース

クレソンの代わりに
君がくれた四葉のクローバーを
料理の脇に忘れずに添えて
もう入手できなくなった
君の「愛してる」
冷凍保存のやつだけど
あちこちに散りばめて

静かな部屋で
一人 食べる
私と 君にしか作れない料理

少し薄味だったけど
舌が探し当てる
いろんな思い出の味が引き出す
一粒 二粒
塩味のアクセント

遠くなったり 近くなったり
何度も繰り返した
私たちの距離のように
波のように濃淡を行き来して
やがて皿の上にはなにもなくなり
料理が始まる前に戻る

どんなにおいしかった料理も
いつかは冷めるだろうし
食べつくせばなくなってしまう

でも
なによりもおいしかったことは
本当だったし 忘れない
とても
すごくすごくおいしかった
ごちそうさまでした

おいしかった料理のレシピは
引き出しにそっとしまって
また 一人で歩き始めよう

そして食べ終えた私の時間は
いまはまだ
君がいたときのままだけど
いつかは
君を知る前と同じリズムに戻って
時間を刻み始める

ありがとう
さよなら
大好きだった 君




2010.1
ネット詩誌 MY DEAR
新作紹介掲載作品
土曜美術社刊「ネットの中の詩人たち7」掲載作品
土曜美術社刊 詩と思想2010・5月号掲載作品





にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 ←よろしければクリック

→続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

藍音ななを

Author:藍音ななを
詩作の長いブランクを経て2006/9から書き続けています。
空と雨を何よりも愛しています。

血液の82%はコーヒーでできています。
きっと できています。

写真撮影は注釈がないものについてはすべて
撮影者:藍音ななを
撮影機:au Win W41K(携帯by京セラ)
2008/2からau Win W61CA・softbank 940SH
を通して私の目が見た世界です。

著作権は放棄していません。
無断転載/無断引用/複製は固く禁じます。

●●このブログはリンクフリーです●●
綴った詩がお気に召しましたらお気軽にリンクをお持ち帰りください。その際お知らせくだされば相互リンクも貼らせていただきます。コメントもお気軽にどうぞ。

*アダルトとスパムサイト様はご遠慮させていただきます。


ネット詩誌 MYDEAR所属
福岡県詩人会所属

2013.6.9 藍音ななを
動画:夢路

にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

現在の閲覧者数:
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。